乳頭温泉郷は名前がエロいけど飯がうまかった

田沢湖からバスで乳頭温泉郷へ
田沢湖駅から バスで20分揺られて・・・
混浴の露天風呂で有名な乳頭温泉を目指しますよ。
別に混浴したいわけじゃないんだからね!
IMG_1066

「乳頭温泉入口」で下車
「鶴の湯」は「乳頭温泉入口」から徒歩40分以上かかる
IMG_1067

体力がない時は「アルパこまくさ」でバスを降りて、そこから鶴の湯行きの無料送迎バスを利用した方がよいです^p^;
P1100126_R

アルパこまくさからの景色はこんな感じ
P1100175_R

「乳頭温泉入口」から歩いて行くとこんな感じの景色が楽しめる。
P1100130_R

途中にある山の宿
P1100132_R

ここからも20分ほど歩く
( ;゚;ж;゚;)←こんな顔で登ってるとバスの運転手さんが察してくれて乗っけてってくれた^p^;
P1100135_R

鶴の湯につきました。
バスの運転手さんありがとう。
P1100139_R

鶴の湯近くにはきれいな沢があります。
こんな景色を見ながら混浴できるんですよね。
P1100169_R

露天風呂は混浴

女性専用露天風呂はあるけど、男性が露天風呂に入るには混浴に入るしかないのですよ^p^;
P1100159_R

この中が露天風呂
足元からポコポコお湯が湧いてるのだが湯ざわりはなめらかでやさしい。
P1100172_R

白濁色で湯の中が見えない事もあり混浴ですが女性も気軽に入れます。
混浴でも おっぱい をタオルで隠さなくても平気です!
おっぱいを隠さなくても平気!!!!
文字通り乳頭温泉なのです><
P1100166_R

<--!nextpage-->

何がすごいって、こんな景色を見ながら飯が食えることです! 
P1100141_R

飯がうますぎた

「岩魚付き」が1750円
「岩魚無し」は1000円くらいでしたが、絶対「岩魚付き」をオススメします!
P1100171_R

実は食べログも随時更新してたりするのですが 100件以上ある食べログの自己採点で 未だに一位がこの鶴の湯!
鍋は豚肉の出汁が強く出ながらも、山芋のマイルドさが相まった絶妙なコラボでした!
汁を一口含むと濃厚な味が口内に広がり、しばらく口当たりを楽しむと口当たりはゆっくり薄まり一層まろやかなになって口内に広がっていきます。
きのこ・芋・ネギなどの山の幸に加え一際温かみを残した豚肉団子、具はどれもじっくりと煮込まれており、湯豆腐のようなやわらかい食感でした。
トロトロに溶けた具を食べると まるで羽根布団のようなほっとしたような気持ちになりました。
続いて岩魚・・・
ジュワっと音が聞こえてきそうな焼きたて具合。
岩魚にしてはサイズが大きいと思ったけど本物の岩魚の味でした
外は塩で焼かれてコンガリとしており、中はふわふわで魚の旨みが存分に残っており、食べきってしまうのが惜しいほどでした。
フキや漬物なども田舎の味がこめられており、後は、ごはんがもうちょっと固めならパーフェクトでしたね。
turunoyu

喫茶店もあるよー
風呂上りには冷たい飲み物がおいしい!
P1100152_R

近くには風流な水車
時間が許されれば泊まりたかった~
予想をかなり上回って良い所だった
ここの温泉と料理は自信を持って人に勧めたいです!
P1100167_R