海外旅行中で実際に被害にあった犯罪 ぼったくり・詐欺etc

一般的に治安のよいとされてる国にしか行った事がありませんが、それでも日本と比べたら高い確率でぼったくりには遭遇しました。
もしかしたら偶然かもしれませんが、実際に自分が体験した事実だけを紹介していきます。

この記事の目次
1 タイでのぼったくり・詐欺
2 グアムの治安
3 トルコでのぼったくり・詐欺
4 韓国の治安
5 台湾の治安
6 カタールのぼったくり・詐欺
7 イタリアの治安
8 香港でのぼったくり・詐欺
9 マカオの治安
10 中国の治安

1 タイでのぼったくり

滞在期間:7日間
滞在場所:チェンマイ・スコータイ・バンコク
危険度★★☆☆☆
被害総額 トータル約4360円

タイは微笑みの国と言われており、基本的に治安はよいのですが、貧困ゆえ生活の為に軽犯罪をせざるを得ない人も多いように思いました。
トゥクトゥクは安いですが、お釣りは返ってこないと思いましょう。
コンビニなら必ずお釣りが戻ってくるので、トゥクトゥクに乗る前にコンビニで崩して小銭を準備するのが無難です・・・。


※被害に合ったのはこのトゥクトゥクではなく別のトゥクトゥクです。

■タイのトゥクトゥク
危険度★★★☆☆
被害総額 トータル約4360円
被害遭遇率 50%

事例1 被害額約2400円
スコータイでトゥクトゥクを利用すると、250バーツだとの事で、1000バーツ札を運転手さんに渡すと、お釣りをくれる前に、そのまま立ち去られました。

事例2 被害額約960円
チェンマイのトゥクトゥク。「200バーツでOK」との事で、目的地で降りて500バーツ札を渡しお釣りを求めると100バーツしか戻ってこなかった。
運転手さんの話によると「一人200バーツで二人乗ったから400バーツ」との事。
最初と話が違うやん!

タイ在住の友人にそのことを話してみました。
(^p^)「トゥクトゥクに乗るとお釣りもらえないんだけど」
( ͡° ͡°)「トゥクトゥクの運転手はお釣りを持ってないので、お釣りがないように払うのが礼儀だよ」
なるほど、そういう事なのか・・・

2 グアムの治安

滞在期間:4日間
滞在場所:タモン・ハガニア
危険度☆☆☆☆☆
被害総額 0円
被害遭遇率 0%

特に犯罪らしきものには巻き込まれませんでした。
歩行者や運転手の交通マナーもよく街はきれいで治安はよさそうです。
お店にタブレットを忘れて出ていこうとしたら、店員さんが「タブレット忘れてるよー」と届けてくれました。
外国アレルギーの父も店員さんの接客や治安の良さに感動してました。

3 トルコでのぼったくり

滞在期間:10日間
滞在場所:カッパドキア・イスタンブール・エディルネ
危険度★★★☆☆
被害総額 トータル約1万500円

トルコは基本的には安全な国なのですが、商魂たくましいイスラム教の人たちが巧みにお金をかすめ取ろうとしてきます。
イスタンブールのガラタ橋あたりやカッパドキアの観光地に行くと子供たちが「マニーマニー」と言って近づいてきます。
写真撮らせてくれた子供達にはお礼にお金をあげました。

■トルコのレストラン
危険度★★☆☆☆
被害額 185円
被害遭遇率 25%

レストランに寄った時は出来るだけレシートをもらい確認するようにしているんですが・・・。
片言の日本語で背も低くて人のよさそうなレストランの店員さん・・・。
あれ?お釣りが足りない・・・
(^p^)「すみません。5リラ足りないんですけど」
( °ω°)「5リラありがと」←ここだけ日本語
(;^p^)<(5リラあげた覚えないけどまぁいっか・・・)

■トルコの両替所
危険度★★★☆☆
被害額 1万円くらい
被害遭遇率 50%
アタチュルク空港を出たところの左側の両替所で7万円程度をリラに両替してもらったけど、お金を数えたら予想よりも相場よりも明らかに少ない。

(;^p^)「receipt, please?(レシートください)」
( ◎>◎)「qあwせdrftgyふじこlp」←なぜか英語が急に通じなくなる・・・

※この被害に合ってからは、ちゃんとした両替所を事前にネットで調べてから行くことにしてます。

■モスク近くでの鳩のエサ詐欺
危険度★★★☆☆
被害額 370円くらい

おばちゃんが近づいてきて、
(( °ω°)「鳩のエサを撒いてみるかい?」←ジェスチャー
( ^p^)「無料ですか?」←トルコ語
(( °ω°)「うん」←ジェスチャー
( ^p^)「わーい あひゃひゃひゃ~」←鳩にエサを撒く
(( °ω°)「10リラだよ」
(; ^p^)<(おまえ無料って言ったやろが)

■イスタンブールでの絨毯詐欺
危険度★★★☆☆
被害額 0円

イスタンブールの観光地でよくある詐欺だと予備知識を持って行ったのにも関わらずやられました。
ブルーモスクとアヤソフィアの間にある公園には、日本語が上手なトルコ人がたくさんいます。

( ^Δ^)「コニチワ、道は分かりますか?」
(;^p^)「ガラタ橋って歩いて行けるんですかね?」
( ^Δ^)「行けますよ」
(中略)
( ^Δ^)「ちょうど、ワタシの店の方向デス 案内いたしましょう」
(;^p^)「ちょっと、店って・・・」

で、ついた店が絨毯がべらぼうな値段で売ってました。
(#^p^)(こんなん買えるわけないよ・・・)
( ^Δ^)「本当は50万円ですが、10万円デス」
(#^p^)「ごめんなさい 貧乏なので買えないです」

日本語で話しかけてくる人には、ついて行かない方がいいです。
店に来てしまったら、あいまいに「また後で」ではなく、ハッキリ断った方がいいです。
※物は良さそうなので買いたい人は値引き交渉してください。同じモノが別の店で安く売ってたりします。

仲良くなってから数日後に営業されるパタンもあるらしいです・・・。

※1リラ=3.7円で計算

4 韓国の治安

滞在期間:3日間
滞在場所:ソウル
危険度☆☆☆☆☆
被害額 0円
被害遭遇率 0%

街はきれいで治安は良いです。
街で地図を見ながらオロオロしてると、積極的に声をかけてきてくれるなど親切でした。
ただ、デモなどの政治運動は日本より盛んで、ところどころの建物の前での怒号が怖かったです。

5 台湾の治安

滞在期間:4日間
滞在場所:台北、桃園、新竹、台中、嘉義、基隆、花蓮、九份、十分、猴硐
危険度☆☆☆☆☆
被害額 0円
被害遭遇率 0%

交通マナーは若干荒いですが治安は良いです。
年配の人は日本語をしゃべれたりして、とても親切にしてくれました。
龍山寺周辺は真昼間っから売春婦みたいな人が路上に立ってました・・・。