これが本当の鶴ヶ城の姿だ!雪の若松城と城下町

雪景色の若松城(鶴ヶ城)をいつか見てみたいと思ってました。
2016年は雪不足なようでしたので、2017年は虎視眈々と雪の降った直後の晴れの日を狙ってました^p^
なお「若松城(わかまつじょう)」が正しい名前のようで、「鶴ヶ城(つるがじょう)」は地元民の愛称なのだそうです。

この記事の目次
1 若松城の行き方(交通・アクセス)
2 若松城・会津若松城下町レポート<お写んぽ
3 若松城・会津若松城下町の撮影ポイント
4 若松城・会津若松城下町の周辺観光地

1 若松城の行き方(交通・アクセス)

【電車・バス】
東京からの場合、新幹線で郡山まで一時間半、郡山から磐越西線で1時間ちょっとで会津若松に到着します。
雪深いシーズンは電車が遅れがちで、最悪運休もあります。(実際帰りの電車は20分遅れた)
会津若松駅からはバス210円(市内一律料金)で行けます。
会津若松駅から若松城までは徒歩30~40分
西若松駅から若松城までは徒歩20~30分

東京から各駅停車でも5時間ほどなので、青春18きっぷのシーズンは関東方面からの観光客も多い。

新宿から高速バスが出ています。
バスタ新宿→猪苗代駅→会津アピオ→若松駅前
片道:2,500円~4,800円
往復:7,400円

【自動車】
東北自動車道→郡山JCT→磐越自動車道/会津・新潟方面→会津若松IC下車
鶴ヶ城まで会津若松ICで下車して約15分です。
城の周りは雪深いので20分以上かかるかもしれません。

2 若松城・会津若松城下町レポート<お写んぽ

夜ですが会津若松の街に到着しました!

会津若松の城下町です。
寒いけどどこか心温まる風景~

雪深くても飲み屋やスナック?はしっかり営業してました。

城内は天守閣以外は無料で開放されていますので、自由に入れますよ。

城内は雪が積もったままなので歩くのも大変・・・

若松城(鶴ヶ城)のライトアップは色がちょっとずつ変わってるみたい

22:00でライトアップ終了~
ライトが消えても雪あかりのせいか結構明るい

【翌朝】
若松城から歩いて15分ほどのホテルに泊まりました。
朝起きたらすごい霧でした。

霧の中の若松城の堀

なんか幻想的だ^p^

若松城の天守閣は8:30より受付開始です。
(霧がすごいので、入りませんでした^p^;)

おまけ
バスから見かけた建物。

3 若松城・会津若松城下町の撮影ポイント

若松城(鶴ヶ城)のライトアップは22:00までです。
城内は無料開放してます。
雪が降っただと、木に新鮮な雪が残ってて綺麗に撮れると思います。(これはどこでも一緒か)

城壁に上る階段があり、市内を見渡せるとの事です。

会津の街はそれほど大きくないので、夜景は微妙な感じでしたね・・・。

若松城の北側は古い町並みが立ち並びますが、近代的なビルが混在してて中途半端な感じです。
街あかりはところどころ街灯が明るくて綺麗でした。

4 若松城・会津若松城下町の周辺観光地

猪苗代湖や磐梯山などから近いです。
極寒の芸術「しぶき氷」と磐梯山と猪苗代湖

あの東山温泉(ひがしやまおんせん)も、バスで15分ほど。その気になれば徒歩でも行ける。