【閲覧注意】痔を治した2つの習慣。お写んぽ、もう1つは・・・

こんにちは。竹野内豊にそっくりと言われるカワチーです。
男女問わず痔に悩んでる人は多いかと思います。
特に長時間イスに座っているお仕事の人に悩んでる方は多いと思います。
カワチーもイケメンではあるものの、痔に悩んでいました。
しかし、ある事をやるようになってから痔が大幅に軽減しましたので、この記事で紹介したいと思います。

カワチーとイボ痔

男性ならば誰でも女性にモテたい!と思うでしょう?
もちろん、女性だって誰でも男性にモテたい!と思っている事でしょう。
しかし、思っているだけで、実際は何もしていない人が多いと思います。
行動を起こさなければ何も始まらない。
それは恋も痔も同じです。

25歳くらいの頃から痔に悩まされていました。
いくら竹野内豊に似てても、お尻の痛さはつらいものがあります。
そんなわけで、ボラギノールを塗ってやりすごしてたのですが・・・。
5年前くらいから脱肛の症状が出るようになり、手で押し込むようになりました。
鏡でお尻の穴を見ると、穴にピーナツでも突っ込んだような見事なイボ痔が突っかかってました。
これは流石にやばいと思い、手術も考えました。
手術した事があると人に話を聞いたところ、お尻の穴を広げて、お母さんにも見せた事の無いような恥ずかしいポーズをすると言う事が分かりました。

「行けるわけない!」

うんちをする姿すら想像出来ないイケメンが、おっぴろげた尻の穴を他人に見せられるわけがない!

イケメンゆえの苦悩です。
悩みました。
毎日毎日うんちをしながら悩みました。

お写んぽでイボ痔が軽減

痔が痛いので、休日は家で寝てるより、
外に出て歩いた方が痔が軽減する事が分かりました。
これにはちゃんと根拠があります。
運動をすることにより血液の循環がよくなり、お尻付近のうっ血が取り除かれるのです。
ただし、重いものを持つ運動やサイクリングなどは肛門部に力が加わるのでNGです。
と言うわけで、休日はお写んぽに出かける事にしました。
普段何気なく歩いている風景も、写真を撮りながらだと、ずいぶんと色々な発見があります。
しかし、お写んぽをしても、うんちをした後に拭くとどうしても血がついてしまう・・・。
これじゃ、痔はなかなか痔は治らない・・・・

こうやってイボ痔が治った

ある日うんちをしていると、ふとある事に気が付きました。

紙が無い・・・
しまった!トイレットペーパーを買うのを忘れた・・・!
仕方なく、手で拭くことにしました。

ふきふきふき・・・・
(おや?血が出ないぞ?)

ふきふきふき・・・・

「そうか!血が出るのは紙で拭いてたからなんだ!!」

「ならば手で拭けばいいじゃないか!」

そうです。
紙が無いから手で拭くのです。
こんな童謡があります。


みっちゃんみちみちうんこして♪
紙がないから手で拭いて♪
もったいないからなめちゃった♪

なんと、この童謡に痔を治すヒントが隠されていたのです。

カワチーは毎日うんちを手で拭く事にしました。

カワチー流イボ痔治療ルーチン
1、手でうんちを拭く
 ↓
2、うんちがついた手を紙で拭き、ウォシュレットで手を洗う
 ↓
3、綺麗になった手でまたお尻を拭く(綺麗になるまで2と3を繰り返す)
 ↓
4、匂うので水道で念入りに手を洗う。

そして、一か月が経ちました。