映画じゃなくて現実?廃都市「気仙沼」 ゴーストタウン

気仙沼市は海沿いに中心街を有し、ここに大津波が直撃し多大な被害を受けました。

死者・行方不明者・・・ 1362人
 (うち、直接死1029人、関連死107人、行方不明226人)
被災世帯・・・ 9500世帯
※気仙沼市民の被害 2014年3月31日時点

1 大地震の前兆?気仙沼に響いたキジの鳴き声
2 ソウル北部の観光地。北村韓屋村、昌徳宮、徳寿宮
3 ソウル南部の繁華街、先輩ついにブチ切れ
4 韓国の食べ物・韓国料理
5 韓国人の特徴・韓国まとめ

1 大地震の前兆?気仙沼に響いたキジの鳴き声

日本各地でキジは地震の予兆をする生き物だとする言い伝えがあります。
「雉が鳴き騒ぐ時は地震あり」
「雉が巣を移す時は地震あり」
「雉の夜鳴きは地震の兆」

気仙沼市の波路上地区では、「海鳴りの後にキジが鳴くのは地震の予兆」と言い伝えがあります。
大地震の前日である3月10日に、同地区では激しい海鳴りとキジの鳴き声が報告されており、住民は大地震の前兆ではないかと心配していたそうです。
地震や津波に敏感な気仙沼の住民もまさかこんな甚大な被害になるとは予想がつかなかったでしょう・・・。

ゴーストタウン気仙沼
2011年 東北の震災後の後の気仙沼市の浜見山から見下ろした市街地です。
一見、普通の街並みに見えますが、聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。
車や店の音が聞こえてきません。

街は人影がほとんど無く、物の抜け殻そのものでした。

街はコンクリート製のビルだけ残り家は根こそぎ破壊されてしまっていました。

市街地のど真ん中に置き去りにされた船。
水かさがいっきに増し水圧による死が多く、遺体に傷は少ない傾向があったそうです。

コンクリートの建物も海に近づくにつれて激しく損傷していました。

この辺が気仙沼一の繁華街だったハズ・・・
/07/P1040665.jpg”>

建物一つ一つを見ていくとむちゃくちゃに破壊されてます

根元から倒れたままの信号機

2011年 気仙沼駅

2015年 気仙沼駅
駅は2012年にリニューアルされたそうです。
特に震災による損傷は無かったのですが、リニューアルしたのは復興への景気づけですかね?