【猫多すぎ注意】猫の手を借り想像を超える早さで復興した猫島「田代島」に行って来た

猫島として有名な田代島

東北地方ですが積雪量の少ない温暖な島です。CNN世界6大猫スポットに選ばれた島で、外国人観光客も多い。
日本で最も北にある猫島で、温暖と言えども、観光客の少ない冬はエサ不足や寒さで死んで行く猫が多いとか。
田代島は人口80人、面積3.14 km²の小さな島ですが、人間よりも多い100匹以上の猫が暮らしています。

田代島の人口
人口 (国勢調査人口・各年10月1日時点)田代島
1990年 191人
1995年 147人
2000年 130人
2005年 112人
2010年  81人
石巻市HPより)
ものすごい人口の減り方・・・
限界集落になるところでしたが、ここ数年は観光客が急激に増えたとか。

世界6大猫スポットとは・・・

世界の6つのうち日本は2つ!
宮城県・田代島←行った
・福岡県・相島
台湾・侯硐(ホウトン)←行った
・アメリカ・フロリダ州・ヘミングウェイ博物館
イタリア・ローマの古代遺跡←行った
トルコ・カルカン

世界6大猫スポットとは・・・

田代島(たしろじま)には昔から猫信仰があり島の中央には猫神社があります!
住んでいる猫も都会の猫とは一味違う!ものすごく人懐こくて、忘れ物を知らせてくれる優しいニャンコにも遭遇しました
田代島には飼い猫がほとんどいないが、島の人が釣れた魚などの餌をあげてます。
2011年の東日本大震災の際は、沿岸部の住宅地の多くが水没してしまいましたが、その後、田代島はまさに猫の手を借りて復興していったのです=^ω^=
img_4548

田代島へのアクセス

仙台から田代島への行き方は、仙台駅→(電車)→石巻駅→(バス)→フェリー乗り場→(フェリー)→大泊or仁斗田
仙台市からの所要時間は2時間半程度。
田代島へのフェリーは1日3往復しかないので、島での時間を十分に確保するため、朝一番のフェリーで行きました。
なお、車をフェリーに乗せて島へ行くことも出来ます。

当日のスケジュール(日帰りコース)
07:24 仙台発 石巻行きの電車
08:19 石巻駅(終点)に到着
08:30 石巻駅バス停3番乗り場から山下経由のバスに乗車
08:45 バス停「網地島ライン」で降車
09:00 石巻発 網地行きフェリー
 ↓(フェリー約40分)
09:38 大泊(おおどまり)着

09:40~10:30頃 大泊集落(大泊りの神社含) 
 ↓(徒歩15分)
11:00~11:30頃 猫神社
 ↓(徒歩30分)
12:00~12:45頃 仁斗田集落
 ↓(徒歩15分)
13:00~14:15頃 マンガアイランド
 ↓(徒歩15分)
14:30頃 再び仁斗田集落

15:33 仁斗田(にとだ)発 石巻行きフェリー
 ↓(フェリー約50分)
16:46 石巻着
帰りは、JR石巻駅行きのバスを待つ時間が長かったので、歩いて(徒歩30分)石巻駅まで行きました。
フェリー乗り場の近くにはタクシーが待ってました。タクシーなら石巻駅まで10分です。


電車とフェリーで田代島へ

仙台から電車に乗る
JR仙台駅 朝7:24石巻行きの電車・・・眠い^p^;
IMG_2905

人口の割りに小さな駅のJR石巻駅 かわいいデザインでした^^
p1040863

バスで定期船発着所まで
石巻駅の三番バス停の時刻表↓
IMG_2907

山下経由で行きます。休日だったこともあり猫目当ての島へ渡る人達の行列が出来てて、すぐ分かりました。
IMG_2908

バスで定期船発着所まで来ました^^
IMG_2909

定期船発着所では田代島の郵便局長の手作り地図の印刷版が置いてあるので、絶対もらっていきましょう!(島では多分もらえない)
tashiromap

フェリーの時刻表↓
img_2914
片道1,230円を往復分買いました。
フェリーの運賃表はこちら

いよいよフェリーで田代島へ
田代島行のフェリー。
昨夜の雨は止み天気は快晴!行楽日和の日曜日だけあって200人乗りの船が満席。
車やバイクも別料金で乗せることが可能です。
釣り道具を持ってる人もたくさんいました。
IMG_2910

ウミネコ?
海鳥が船の後を追って来ます。楽しい~!
エビセンを持ってる人がいて海に向かって投げるとウミネコが空中でキャッチ!これは面白かった
IMG_4446

徒歩で田代島を探索

田代島の大泊港に着きました。
大泊港で降りずに乗ってると田代島の仁斗田(にとだ)に、更に乗ってると網地島に到着します。
IMG_4470

鳥さん達もお疲れ^p^
IMG_4459

釣り場は近くにあるのに、大泊地区で見かけた猫はこの一匹だけでした。
船を降りたら、たくさんの猫がダーっと駆け寄って来るイメージだったので拍子抜けでした。
観光客は自分以外に誰もいなかったので独り占めできましたけどね^^
ほとんどの人が仁斗田で降りるので。
IMG_4462

大泊にある鹿嶋神社
古い神社でしたが、きれいに手入れがしてありました。
ここに猫はいませんでした。
IMG_4466

続いて猫神社
名前がそのまんまの「猫神社」
暑さと猫の少なさにテンションが低くなり死にそうな顔で歩いていたら、すれ違ったおじさんが見かねて「だいじょうぶですか?」と><
IMG_4472

大泊から徒歩15分
やっとの思いで猫神社に着きました。
思ったより小さくて神社と言うより祠(ほこら)って感じ^p^;
IMG_4476

お供え物に猫じゃらしがあって笑った^p^
img_4481

猫神社の前の長椅子で昼食をとってると・・・。(食料は事前に石巻のコンビニで購入)
匂いを嗅ぎつけた猫神社の守護猫の登場です=^ω^=
田代島のアイドル「ねこ太郎」に似てるけど、多分違う猫だな
IMG_4493

最大の猫スポット仁斗田集落へ

続いて田代島の最大の猫地帯「仁斗田集落」へ出発!
IMG_4497

仁斗田集落に近づけば近づくほど猫が増えていく!!
人よりも圧倒的に猫にすれ違う回数が多い山道^^
IMG_4498

向こうから子猫ちゃんがスタスタ近づいてくるんですよ=^ω^=
IMG_4507

仁斗田地区の集落の手前あたり
猫密度がどんどん濃くなっていく><
IMG_4519

次のページは
・仁斗田(にとだ)の集落(動画あり)
・マンガアイランド
・忘れ物を教えてくれた優しい猫
・猫の手を借りて復興した島