知ってれば10倍楽しい奈良公園の鹿の不思議!鹿だまり、おじぎする鹿・・・

奈良と言えば鹿ですが、奈良の鹿は(他の鹿と比べて)礼儀正しい事で有名で、何とエサをもらうと、お辞儀をするのです。
そして、夕方になると鹿だまりの発生。
これらの謎について、考えてみました。

この記事の目次
1-1 「鹿だまり」の笑っちゃうほどの鹿密度
1-2 なぜ「鹿だまり」が出来るのか?
2 お辞儀する鹿
3 紅葉シーズンの鹿

1 「鹿だまり」の笑っちゃうほどの鹿密度

夏の暑い日の夕方に17:00をすぎると、どこからもなく鹿が集まってくる場所があります。
それが鹿だまりです。
8月中旬の17:30
鹿だまり1

場所は「国立奈良国立博物館西新館」の北側です。

18:15頃、どんどん増えてきました。
ざっくり数えたら100頭くらいはいました。
鹿だまり2

日の入り直前くらいがピークでしょうか?
18:40頃から徐々に鹿が去り始めました。それでもすごいですけど^p^
鹿だまり3

1-2 なぜ「鹿だまり」が出来るのか?

なぜ鹿だまりは出来るのか?
鹿だまりの中央に通気口がありました。
ここから出てくる冷たい風が目当てなのかな?
9月になると涼しくなり、鹿がいなくなるので、この説は正しいようです。
しかし、1点謎が残ります。
通気口は以前からあるのに2015年以前は、これほどの鹿だまりはありませんでした。

2016年に図の歩道と花壇が完成。
「現在、花壇のある位置の人の流れが少なく、大仏方面からの鹿が涼を求めてやってここに来やすくなった。」
と推測されてるそうです。
鹿だまり図

でも、これほどいたら、かえって暑いような気もするんだけどな・・・
鹿だまり

2 お辞儀する鹿

奈良公園の鹿は鹿せんべいをおねだりするときにお辞儀をする。
宮島の鹿はお辞儀をしません。
礼儀正しい鹿として知られているが・・・
元は「はよエサくれや」と威嚇している動作だったと言う研究があるそうです。ヒィィ><
お辞儀する鹿