怪しすぎる城「別府貴船城」と別府の「地獄巡り」

この記事の目次
1 地獄巡りの行き方(交通・アクセス)
2 地獄巡りレポート<お写んぽ
2-1 怪しいお城「別府貴船城」
2-2 地獄巡りレポート
3 地獄巡り撮影ポイント
4 地獄巡りの周辺観光地

1 地獄巡りの行き方(交通・アクセス)

【電車・レンタルサイクル】
JR別府駅の近くにレンタルサイクルがあります。
電動アシスト自転車も借りられるので、坂の多い別府の街も楽でした。

【電車・バス】
JR別府駅から、頻繁にバスが出ていますので、それを利用するのがよいです。

JR別府駅西口→亀の井バス2・5・9・24・41番鉄輪(かんなわ)行きで約20分「海地獄前」または「鉄輪」で下車します
鬼石坊主地獄・海地獄・かまど地獄・鬼山地獄・白池地獄が集中しています。
「海地獄前」で降りると、後は下り坂だけになるのでオススメです。

【自動車】
大分自動車道 (別府IC)から右折
県道11号を鉄輪温泉方面に約3km程度
車だと約5分程度ですが、駐車場付近は渋滞してたので、土日はもうちょっとかかるかも

2 地獄巡りレポート<お写んぽ

「お写んぽ」ですが、実際には別府駅で電動アシスト自転車を借りて行きました。
別府は坂の多い街なので自転車は大変との事でしたが、電動アシストのパワーすごい^^
十分快適に回れました。※冬は寒いのでバスの方がいいかもね。

2-1 怪しいお城「別府貴船城」
別府の街から湯煙展望台(ゆけむりてんぼうだい)の方に向かって自転車をこいでると、丘の上に立派なお城が見えました。
立地的にも存在感があるはずなのに、ガイドブックにも標識にも案内が全くない・・・。

城へ続く丘の所でやっと「別府貴船城(べっぷきふねじょう)」のど派手な看板を発見。

「ひょっとしてラブホテルなのか?」と不安を抱えつつ坂を上っていくと

あれ?ちゃんとした城だった。
すると、中から城主を称するおじさんが出てきた
( – v -)「中をご案内いたします」
( ^p^)「はい、ありがとうございます」
300円の入場料を払って入ると。。。

( – v -)「中をご案内いたします」「天守閣からの別府の街を見るには別料金になります」
( ^p^)「(なんでやねん)」と思ったけど、大した金額じゃなかったのでお金を払って登りました。
おお、これはよい眺め!
しかし、天守閣には、キリスト・釈迦などが祭られており、何の宗教だか不明。

天守閣から降りてくると
( – v -)「白蛇様を案内いたします」
( ^p^)「は、はい・・・」
すると、部屋の隅にある扉をガラっと開けると、そこにはニシキヘビのような巨大な白蛇が舌をチロチロ出しながらウネウネと登場。
城主のおじさんが首に巻いて見せた。
( – v -)「蛇は冬になると冬眠するけど、白蛇様は冬眠をしないのです」
( ^p^)「す、すごいですね」 (「これだけ暖かい部屋にいたら冬眠しようがないわなぁ」と言いたいのを我慢・・・

( – v -)「このお城は1100年頃?出来た日本最古の砦造りのお城を再現したものなのです」
( ^p^)「こういう城って戦国時代以降にもあったんですね」と皮肉を交えて思わず突っ込むと
( – v -)「源為朝が築きました」
(^p^;)「??」(学が無いので誰だか分かりませんでした)

最後に
( – v -)「蛇の抜け殻の入ったお守りはいりませんか?お金が貯まりますよ」
との事でなんかよく分からないけど、1000円くらいだったので買って帰りました。

これが本当に怪しいお守りで・・・