沖縄移住にゲストハウスがおすすめな6つの理由

スポンサーリンク

1. 賃貸アパートより格安で住める

那覇市内の家賃相場は管理費込みで月に5万円、更に光熱費やネットなどで、+1万円以上かかります。

しかし、ゲストハウスなら月に2万4,000円でしかも管理費光熱費、更にはネットも使い放題です。

ご覧の通り、1年で432,000円の差が出ます。これは、デカいですよね!

那覇市内で月の手取りが14万くらいなので、3ヶ月分くらい浮く計算ですね!

私の場合、3ヶ月の時間がもらえるという考え方をします。なので、この間は旅に出ますw

2. 敷金礼金保証金など、初期費用がかからない

アパートを借りる際に、敷金礼金と不動産に支払う仲介手数料がそれぞれ家賃の1ヶ月分。それと、地震や火災などの保険で2万円がかかります。

計算すると…

6万円(敷金)+6万円(礼金)+6万円(仲介手数料)+保険(2万円)=20万円!

更に、最近では保証人の代わりに保証会社と契約しないと、貸してくれない物件が結構あります。それが2万円

そして、前家賃(基本的に前月末に次の月の家賃を支払う)6万円がかかります。

初期費用が約30万円!

ホント、頭悩ませますよね。

それに比べて、ゲストハウスなら初期費用0(ゼロ)です。この差はでかすがる。

3. 日本中、いや世界中に友達が出来る

沖縄には全国から、いや世界中から旅人がやってきます。特にひとり旅をする場合、そほとんどの人がゲストハウスに泊まります。

ゲストハウスには必ずキッチンと共有のリビングがあります。大抵、誰かしら座ってるので話し相手に困りませんし、寂しくありませんよね。

ちなみに、私は台湾人、インドネシア人などと知り合い、その後それぞれの国を訪問して、一緒に遊びました。まさに、一期一会ですよね。

4. お試しに気軽に引っ越せる

初期費用がかからないし、ベッドやキッチンもあるし、移住するのに躊躇なく住めますよね。もし、そこが合わなかったら、引っ越しも楽に出来るし。プチ移住や2拠点生活にも。

5. 住民票もゲストハウスの住所に移動出来る

あまり知られてないですが、ゲストハウスの住所を住民票に登録出来るんです!

なので、郵便物も届きますし、仕事も探せますよね。人間らしい普通の生活が出来ます。

6. 掃除をしなくて済む

生活していて1番めんどうなこと、それは掃除ですよね?部屋の掃除に、トイレや風呂場の掃除。それらを全部やらずに済みます、いやー楽やー。

沖縄移住にゲストハウスがおすすめな理由まとめ

沖縄移住(プチ移住や2拠点生活も)なら、ゲストハウス一択。

家賃が激安で、初期費用ゼロ。おまけにひとりじゃないから、寂しくないし、友達や人脈も出来るし。生活の最大の面倒な掃除もゼロ!

最後に…

私が沖縄県那覇市で滞在して良かったゲストハウスを一軒ご紹介します。それはリトルアジアです。

居心地がいいのと、女性スタッフが多いためか、とても清潔です。一泊安い時で800円から泊まれるので、試してみるのもいいと思います。

沖縄県
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち三分の一は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽなう

コメント