[ふしぎ]沖縄あるある13選

はいさい!(沖縄方言のあいさつ)なおぽんです!

沖縄は日本列島からだいぶ離れた島であることから、独自の習慣や不思議なあるあるがあります。

今回は、地元民には当たり前でも私たちにとっては、不思議だなーった思うことを13コ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1. YナンバーとAナンバーがある

車を運転してると気付くことがある、あれ?何だかアルファベットのナンバーがあるぞ!地元の人に聞いてみると、米軍基地で働くアメリカ人の車とのこと。Yがアメリカから持ち込んだもので、Aが日本で購入したもの。

※ここで注意すべき点が、事故を起こした場合、アメリカの警察が介入してくるので、かなりややこしくなるとのこと。気をつけましょう!

ちなみに、れナンバーはレンタカー。レンタカーのれだから分かりやすい😂

2. 名字ではなく、下の名前で呼び合う

沖縄県民は、友達や同僚のことを呼ぶ時、名字ではなく下の名前で呼ぶというのだ。名字被りが多いから?フレンドリーだから?アメリカ領時代の名残り?不思議だ!

3. 下着(パンツ)を履かない人がいる

ノーパンはなんだか落ち着かないんやが😂服を着たまま海で泳ぐから?雨が良く降るから?まぁ、すぐ乾くからええんやろーけども、下着は履きたいなぁ。

4. 雨の日の道路は滑りやすい

沖縄県内の道路はサンゴで作られてるとのこと。だからは定かではないが、雨の日は車のスリップに気をつけなければならないとのこと。

5. 牛乳は1ガロン

牛乳はなぜかガロンというアメリカで使われる単位が採用されている。これは、アメリカ領時代の名残りやね。

ちなみに、1ガロン=3.7L(リットル)

6. バスは手を挙げないと止まらない

バスに乗る場合は、バス停にただ突っ立っているだけでは乗れません。手を空高く挙げましょう!真っ直ぐ垂直にしないと、運転手さんが気がつかないかも⁉︎

なぜかと地元民に聞くと、バス停を待ち合わせ場所として利用してるとのこと。だからかー、って東京だと必ず止まってくれるぞーい😂

7. 自練(自動車練習場)と呼ぶ

車やバイクの運転免許を取りに行く場所。教習所(自動車教習所)とは言わないらしい。

8. 絶対定時退社!

定時退社は絶対!万が一タクシーに乗っていま場合は、途中で降ろされるとのことw お金は取られないで、他のタクシーに乗ってくれと言われるそうな。こりゃ、日本全国が参考にすべき点やな!

9. 模合(モアイ)という集まりがある

個人間でのお金のやりとり(銀行の融資の様な)をする集まりがあるとのこと。発音はモアイ⤵︎じゃなく、モアイ⤴︎

そういえば、私の地元でも”こうぎん”という、似たような集まりがあることを思い出した。

10. 告知は交差点の横断幕で!

同窓会や同期会など、個人の広告も交差点によくある横断幕に見られる。昔の仲間とかケータイやスマホがない時代の人たちもいるもんね。交差点は信号で止まったときに目を引くから、理にかなってるね。

11. 頑張らない県民性

飲食店など営んでる県民などの商売人も”頑張らない”そうな。例えば、カレーが流行ってたら、うちもやろう!とメニューに加えるのだが、味を追求するのではなく、ボンカレーを使ってハイっと、とりあえずやるだけ。

12. “いしじゃゆんたく市場”がディープ過ぎる

金武町の海沿いにあるこの市場は、東南アジアのマーケットの様な、或いはフリーマーケット(蚤の市)の様な雰囲気。

売ってるものは、激安の弁当やパイナップルなどのフルーツ、海外のシャンプーや、メキシコのコーヒー、中古の衣料品など。

掘り出し物があるかも⁉︎


いしじゃゆんたく市場(マップ)

〒904-1201 沖縄県国頭郡金武町金武8238


13. ぜんざいが冷たい

普通、ぜんざいというと餅と小豆の入った、よく正月に食べる温かいものを想像するだろう。しかし、ここ沖縄のぜんざいは冷たいのだ。というのも、かき氷の種類のひとつなのです。けど、食べてみたら、めちゃくちゃうまかった!


マザーリーフ(マップ)

〒904-2201 沖縄県うるま市石川 昆布941


沖縄県
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち三分の一は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽなう

コメント