【実録】ゾッとする羽生蛇村の怪!SIRENのモデル秩父の廃村「岳集落」に行ってきた

ずいぶん山奥の神社だが、綺麗に手入れがしてありました。
img_5428

本殿?
img_5430

本殿らしき建物の前にはお供え物。
img_5436

お供え物の上に5円玉を置こうとすると・・・

( ఠvఠ)「おい、やめな」
(^p^)「え?」
( ఠvఠ)「何か意味のある置き方かもしれないし・・・」
(^p^)「へ?」
( ఠvఠ)「バランスを崩して何か不幸が起こったらどうするんだよ」
(^p^)「わかった・・・」

神社を後にし、集落に戻ります。
img_5444

(^p^)「ねえ何これ?」
( ఠvఠ)「木から湯気のようなモノが出ている」
(^p^)「亡霊みたいじゃないか・・・」
( ఠvఠ)「そんなこと言うなよ」
img_5443

建物が傷んでおり、心霊的な何かよりも、今にも崩れそうな物理的な怖さを感じました。
img_5446

建物には入らず遠くから望遠で撮りました。
img_5458

その時、背中ではなく、太もものあたりからゾッとする寒気を感じました。
(^p^;)「もう帰ろうよ」
( ఠvఠ)「んーもうちょい居たかったけど・・・」

15:00を過ぎたばかりだが、山の日の入りは早く、辺りはすでに暗くなってきたので終了。
img_5461

さて、帰りの山道での事。
ゆっくり山を下っていると 後方から「サササッ」と風にしては不自然な音・・・
img_5464

( ఠvఠ)「なんか、後ろから誰かつけてない?」
(;^p^)「へ?誰もいないような」

顔を見合わせて無言で振り返ると誰もいない・・・・

( ఠvఠ)「・・・・」
(;^p^)「・・・。」

再び歩きだすと・・・
またも、後ろから「ガサガサ!」
人間ってビックリすると首をすくめて立ち止まるもんなんですね。
声も出ません。
木が明らかに揺れてるが、誰もいない・・・。
img_5466

怖くなって、足早に山道を下っていると。
img_5465

目の前に猿が現われ、我々の姿を見るや、あっという間に木によじ登ってどこかに消えました。

(^p^)「あ、後の音は猿だったのか・・・びっくりした・・・。」

辺りには食べかけの木の実が落ちてました。
img_5469

ここらは猿がよく出没するみたいです。
(動きが速いのでなかなか撮影が出来なかった)
img_5497

帰りは浦山ダムの紅葉を楽しみながら帰りました。
img_5501

浦山ダムには「うららぴあ」と言うダムの資料館のような建物があって
img_5505

「ダムカレー」と言うのが食えるらしく、いつか食ってみたいです。
11:00~14:00までしか営業してないようです・・・。
img_0360

ダムが出来る前の谷底には村があり生活があり、湖底では今でも魂がうごめいてる気がしました。
img_5507

帰りは秩父鉄道の浦山口駅まで歩いて帰りました^^
岳集落から真っ直ぐ歩けば1時間ちょっとなので、ハイキングにはちょうどよいですね^^
img_0371

なお、更に秩父の山奥に行くともっと巨大な廃村があります^p^;
 ↓
関東最大の廃村 埼玉奥秩父のニッチツ鉱山村(日窒)

ニッチツがSIRENの舞台となったと勘違いしているブログがありますね。
かつては映画館もあったと言うニッチツ廃村。
ニッチツの方が規模が大きいですが、SIRENのモデルである岳集落の方が怖かったですね・・・。