日本一の彼岸花畑 炎より赤い巾着田の曼珠沙華公園

東京の道ばたにも チラホラ彼岸花が咲いてたりして、秋めいてきたのを実感してきましたね^^
「これでもか!」と秋を実感させてくれる彼岸花の名所と言えば外秩父「巾着田」の「曼珠沙華公園」です^p^
※「巾着田」は「きんちゃくだ」と読む。
※「曼珠沙華」は「まんじゅしゃげ」と読む。

【巾着田お写んぽレポ】
高麗駅に朝8:40頃着きました。
img_3171

巾着田の曼珠沙華公園は西武鉄道の高麗駅を降りて徒歩15分ほどのところです。
曼珠沙華公園までスマホのナビアプリは不要、長蛇の列について行けばいいのです^p^
そうでなくても、ところどころに案内員がいたり、道に看板が出ているので夜中に来るのでなければ迷うことは無いでしょう^^
というか、まだ会場じゃ無いのに道端に彼岸花が咲き乱れてるんだけど、最初から本気出しすぎwww
img_3142

巾着田への途中の道^^
img_3140

この橋を渡れば巾着田。
img_5040

橋の上から曼珠沙華公園がチラッと見えます。
img_4835

巾着田に着きました!ここを右に曲がって歩いて4分ほどで曼珠沙華公園。
img_4837

巾着田の大部分は水田です。
img_4841

水田の周りには彼岸花。
img_4839

これでも曼珠沙華公園の外です。
img_5033

会場の門です。さすが彼岸花の本数が日本一。入り口だけでも4箇所くらいあります^p^;
一度チケットを買えば再入場可能なのは嬉しい(^ω^)
img_3157

連日、雨が降っていたので花の状態が不安だったんですが・・・・
うおおおおおすげえーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!
img_5024

公園に入った途端、声を揃えて「わーーすごい!」ってみんな同じ事を言うのが面白い。
現代人は刺激の強い映像や景色に見慣れてるものですから、感嘆の声がアチコチから聞こえてくる場所ってなかなか無いです^^
img_4865

近くには川が流れていて
img_4891

川をバックにこんなのも撮れます^p^
img_4899

ヨダレが垂れそうな場所です。本当に^p^
img_5031

曼珠沙華公園の中央にはお店がたくさん出ていて
img_4904

太麺のやきそばを食いました!
麺は太い上にコシまで強く、濃厚なソースがそれに対抗して、口内が幸せに満ちました^^
武蔵野うどんを彷彿させる埼玉らしい味と言えばいいんでしょうかねえ。
img_3148

その近くでは曼珠沙華まつりやってた^p^
ヨサコイって日本中で踊られてるんですなぁ^p^
img_4964

曼珠沙華公園を更に奥の方に行くと・・・
img_4956

おじさまが絵を描いてらっしゃいました^p^
※許可を得て撮らせてくれました。
img_3151

たまに白い彼岸花とかが咲いててアクセントがあってよろしい^^
img_4930

曼珠沙華公園の端には橋があります。
橋は曼珠沙華公園の外ですが再入場可能なので気にせず出られる^^
img_4997

橋の名前は「あいあい橋」^p^;
このネーミング許さん!!!!
img_5001

橋から見下ろすとどうなるかと言うと・・・