これは必見!猫電車、ありえない数で招きまくる猫達!世田谷線と豪徳寺の猫ワールド

東急世田谷線に「幸福の招き猫電車」が登場しました!
世田谷線と言えば、山下駅から徒歩で行ける「豪徳寺」が有名ですね。

この記事の目次
1 世田谷線の猫電車「幸運の招き猫電車」がかわいすぎる!世田谷線の猫
2 ありえない数で招きまくる猫達!

1 世田谷線の猫電車「幸運の招き猫電車」がかわいすぎる!

世田谷線に猫電車が走ってると聞いて飛んできました!
猫電車の動画です。

終点の下高井戸駅の前のカーブがいい感じなので、世田谷線の撮影スポットはここがベストかもしれません。

猫電車はいつ現れるのか?

猫電車は往復で40~50分程度です。
このパタンを利用して、猫電車が下高井戸を出発したらどこかで30分程度休み、再び電車が来るタイミングで戻るのを繰り返してました(何やってんだか)
日曜日は下高井戸駅に猫電車が到着する15:10頃、15:45頃、16:20頃の三回撮影しました。

世田谷線の三軒茶屋→下高井戸間は片道約17分で、往復運転しています。
なので、世田谷線の駅や線路で30分も待ってれば、猫電車は少なくとも一回は見られます。

この猫電車は、2018年3月末まで運行する予定だそうです。

猫電車の中はどうなってるのか?

電車にも乗ってみました。
すると、更なる驚きが・・・・

釣り革が猫!!!

そして、床にはピンクの猫の足跡が全車両に伸びています!!

これにはニヤニヤが止まりませんでした^p^

なぜ?猫電車が世田谷線に?

いったいなぜ世田谷線が猫電車に変身したのでしょうか?

世田谷線の沿線には「招き猫発祥の地」と言われている世田谷線沿線の観光の目玉でもある豪徳寺があります。
世田谷線の前身である玉川線(略して玉電)は、1907年に開通しました。
今年で110年周年を迎える事を記念して、「玉電110周年記念 幸福の招き猫電車」が運行されるようになったそうです。

さて、豪徳寺ですが、これがまた凄いのです。[次ページ]ありえない数で招きまくる猫達!