カッパドキアの中でも美しい「ソーアンル渓谷」

ソーアンルは地名で言うとカイセリ県。(カッパドキアの中心はネブシェヒル県)
ネブシェヒルから14キロ程度離れており、観光客は少ないが見ごたえは十分。

村の入り口にはレストランがある。その周りには岩窟住居がある。
コーヒーショップの番犬
P1130402_R

この近くの食堂で昼食
116_R

鶏がいっぱい
P1130409_R

石造りの住居
119_R

120_R

121_R

122_R

ソーアンルを更に奥に行くと、他のカッパドキア地方では見られない絶景が見られた。
ここを勝手ながら「奥ソーアンル」と呼ぶことにする。
奥ソーアンルは開放的で壮大で個人的にはこの付近はかなり見ごたえがあると感じた。
123_R

ユランル・キリセ(蛇の教会)
P1130425_R

P1130435_R

P1130446_R

奥ソーアンルの休憩所のアヒル達
P1130429_R

渓谷を流れる小川
P1130436_R

この付近で数少ない日本人に会った
P1130453_R

教会が見えてきた
P1130441_R

ここにも教会
P1130445_R

P1130430_R

キリストの壁画
P1130431_R

壮大な景色
P1130450_R