オスマン帝国のスルタンのお城「トプカプ宮殿」

旧市街の最も東に位置するトプカプ宮殿。
15世紀中頃から19世紀中頃までオスマン帝国の君主が居住していた。

トプカプ宮殿の入り口「帝王の門」
177_R

ヨーロッパチックな外廷の正門「挨拶の門」。ここからは有料30TL
P1140208_R

2時間近く待った秘宝館
中には宝石などが見られるが、何の為に並んでいるか案内がなく漠然と行列に並んでる人が多い気がした。
時間が無い人は並ばないで次の観光施設に移った方がいいと思う。
P1140229_R

ハーレム内は更に別料金15TL。日本円で700円程度。
かつてのハレムは男子禁制で、入れる男性は親族と虚勢された奴隷のみだったのだから、当時の人からしたら、うらやむ安さかもしれない。
P1140297_R

ハーレムでも入場無料の猫
P1140342_R

秘宝館やハーレムなどの建物の中は撮影禁止なので、HPのリンク貼っておこう
http://www.topkapisarayi.gov.tr/
※音量注意!

工事中の建物が多かった
P1140223_R

P1140293_R

P1140233_R

宮殿内のレストランの眼前にはボスポラス海峡が広がる 値段は空港並み
P1140238_R

宮殿の一番奥(東側)の美しい庭
179_R

P1140252_R

P1140262_R

宮殿から北側を臨む
178_R

P1140275_R

美しい青い壁
P1140286_R

180_R