ベトナムで行って良かった観光地ベスト10

ベトナムは比較的治安が良く、観光目的であれば15日間の滞在がビザなしで行けます。LCCのベトジェットエアが成田/関空から就航してますので、とても安価で行けます。ちなみに私は100円セールで行きましたw(諸経費、手数料、カード手数料、サーチャージ、空港税などがそこにプラスされて、9,000円くらい。それでもクッソ安いw)

1. Hang Mua

首都ハノイから鉄道で南部へ行くとニンビンという田舎町がある。ニンビン駅からバイクで15分の距離にある。私は駅前でチャリを借りて行きました。(チャリで行く距離ではない、みんなバイク借りてた)急な階段をひたすら登りたどり着いた景色は圧巻。途中、休憩所有り。また、急斜面を歩くヤギの姿が拝めるスゲーw また、途中から二手に分かれる。私は、高い方の上の更に崖を登って、龍のオブジェがあるところまで登りました。かなり危険のため、この頂上付近を登るときは撮影しながらはやめたがいいと思います。ちなみに、1枚目の写真を撮ってくれた中国系のおっさんは、片手に何故か黒い傘(日傘ではない)をさして登ってた、あぶねーよw

入場料100,000ドン(500円)、駐輪場代5,000ドン(25円)

2. バナヒルズ

中部あるリゾート地ダナン中心から車で1時間の距離。私の場合はGrab(Uberの様なの)のバイクタクシーを呼んで、ケツ痛を我慢しながら行きました。ほとんどの人はツアーを使います。ここは、大きく3つに分かれているテーマパークです。

まず、チケットカウンターや、ロープウェイ 乗り口がある、最初のパーク。ベトナムの街の雰囲気を出した、インスタスポットが目白押しの場所。私は、先を急いでたので、スルーしましたけど、みんなパシャパシャ写真撮ってました。

ロープウェイ に乗りいくつかの山を越えて、上る上る。ちなみに、このロープウェイ は世界一長いロープウェイ 。

ロープウェイを降りると2つ目のパーク。巨人の両手が橋を支える、その名をゴールデンブリッジ。そのほか、アートなオブジェなどが点々と展示しある。飲食やお土産も売っている。

更にロープウェイで上ると、3つ目のパーク。これは…どっかで見たことある様なw

オシャレなデッカいスタバもあるし。

陽気な演者もおるし。

まだまだ開発途中みたいで、どんどん規模が拡大されくみたいw どんだけデカいテーマパークやw

入場料700,000ドン(3,500円)

高いけど、ロープウェイ代込みだし、これだけ盛りだくさんなら、安いもんでしょう!

3.Mykhe Beach(ミーケビーチ)

ひたすらまっすぐのビーチ、その距離なんと10km!ハンパない長さw オーストラリアのゴールドコーストとどっちが長いんだろ?白浜と海の綺麗さ、そしてキャッチのおっさんや、タクシーの運ちゃん、土産の呼び込みが全くなく、ローカル感があって、世界一好きなビーチ!

しかも、リゾート地なのに飲食代もめちゃくちゃリーズナブル。泊まってた安宿(1泊350円)から徒歩3分で行けることもあり、毎朝ここのマンゴーヨーグルト(150円)を飲んで、まったり海を眺めたり、ビーチバレーをする女の子たちを見てました。

ほんと、居心地が良すぎて、また行く予定です。常宿も見つけたし!宿のスタッフと友達になったし!

4.ホイアン旧市街

ダナンから南へ20kmと少し足を伸ばせば行ける今話題の街自体が世界遺産のホイアン。フォトジェニックな色彩豊かな西洋建築が街全体に広がり、歩くだけでワクワクします。いつもながら貧乏旅なので、ローカルバスで片道20,000ドン(100円)安っw

400年以上前に日本人によって架けられた、その名も日本橋。因みに、ここを渡るには有料とのことで、当然渡らず。回っていきました。

夜になると、この街のハイライト。ランタンが街を灯します。船に乗らんか?とキャッチにあったけど、野郎ひとりで乗れるかーい、カップルで来たら最高にロマンティックで、インスタ映えるな。

洒落たカフェやレストランもたくさんあるけど、ひとり寂しく歩いとります。

5. チャンアン

ニンビンから2つ目のランクイン!チャンアン名勝遺跡群。ここは、陸のハロン湾と言われてるけど、ボートクルーズで頭スレスレの洞窟抜けたり、映画ドンキーコングのロケ地巡りもあり、正直ハロン湾よりこっちのが良い!

冒険みたいでワクワク。洞窟に入る時、毎回ボート漕ぎのおばちゃんに頭低くしろって、後ろからぶっ叩かれる。

映画ドンキーコング髑髏島で実際に使われたセットをそのまま残して観光地にしとるらしい。記念撮影も出来る、チップはいらんらしい。

入場料クルージング代込みで200,000ドン(1,000円) 駐輪場代10,000ドン(50円)

6.ドラゴンブリッジ

ダナンのシンボル、ドラゴンブリッジ。そう、ダナンは海だけじゃないんです。川沿いもいい。散歩しながら、AirPodsで音楽聴きながらら、夜道を散歩するのも気持ちがいいもの。何よりタダで楽しめるしね!ダナンは治安が良いので、夜歩いてても安全。

土日の20時からはドラゴンブリッジのドラゴンの口から炎が出るショーも見もの。これもタダだしねw 更に…

その後、水も吹きます。だから、近づきすぎると濡れます。Tシャツがびしょびしょになりました。けど、安心して下さい南国だから、すぐ乾く。

7.Tan Lap Floating Village

ホーチミンから西へ100kmのロンアンという田舎町にある、穴場スポット。細い道が続く迷路の森。歩きスマホしたら、池にドボンする。

森を抜けるとまるで天国。

ここへの行き方はこちら から

8. Bui Vien Street

バンコクのカオサン通りの様な、欧米人バックパッカーが多い通り。正直、カオサンより活気があり、各店のクラブやバーから爆音が競う様に流れてる。この通りがいいのは、ビールが一杯100円というコスパが最強なところ。

裸のおっさんも。

9.五行山

ダナンにある修行山(個人的に。なぜかはこの後…)

広い洞窟に光が差し込み、神秘的な雰囲気。落ち着くなー。

修行と言ったのは、ココをよじ登って小さな穴から頂上へ出るっていう、無茶なルートで行ったから。しかも、サンダルでw 完全に甘くみとったし、後でわかったことやけども、この行き方は正規ルートじゃなかった😂

入場料40,000ドン(200円)

10.ホーチミン美術館

ホーチミンにある美術館。近場だし、安いし行ってみよーと思ったら、かなりの展示数で満足できた。

ただ、エアコンがないため、かなり蒸し暑かった、汗だく。インスタ映えスポットが多し。汗だくスポットも。

入場料30,000ドン(150円)

そのほか、古都フエやクチトンネル、ハロン湾などたくさん行きたい所もあったけど、面倒いのと、また行けばええかーと思い、今回はパスした。今後、更新します。

ベトナム
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち三分の一は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写ん歩なう
タイトルとURLをコピーしました