不知火の怪火の正体は〇〇〇だった!摩訶不思議な町を調査した結果

スポンサーリンク

不知火の読み方は?

[しらぬい]と読みます。過去には[しらぬひ]と読んでいたことも。

夏の終わりの怪火、その正体とは

蜃気楼の一種で、8月末の新月に運が良ければ見られる。

親火と呼ばれる火(明り)が灯り、その後に次々と火が灯っていき、横並びになる摩訶不思議な超自然現象。

これを科学が発達していない時代に見たら、誰でもビビりますよね。

不知火の地名の由来は?

昔は正体不明だった怪火を見て、不知火と名付けられた。

不知火の場所は?

熊本県宇城市にある不知火町。以前は、宇土郡にあった自治体。平成の大合併で、消滅。

まるで厳島(宮島)神社⁉︎海に浮かぶ永尾神社の鳥居

熊本県中部に位置する宇土半島にある、永尾神社(えいのおじんじゃ)。観光地化されておらず、駐車場もない。だが、知る人ぞ知るインスタ映えスポット。満潮になると海に浮かび、干潮時は鳥居をくぐることもできます。

毎年の旧暦8月1日(8月末頃)には八朔祭(はっさくまつり)が行われ、ついでに不知火を見ることもできますので、このタイミングがベストかもです。

また、夕陽スポットとしても人気で、12月がベストシーズンです。

永尾剱神社(地図)
〒869-3471 熊本県宇城市不知火町永尾永尾615
0964-42-2053

横綱土俵入りの不知火型との関係は?

横浜土俵入りには、[不知火型]と[雲竜型]の2つが存在する。

不知火型は現在[白鵬]、過去には[若乃花]

■不知火型は短命⁉︎

不知火という名で活躍した横綱が殺されて、呪われたとか、27歳の若さで亡くなった玉の海という横綱がいたとか。そう言った理由かや、不知火型は短命というジンクスがあるようだ。

リング貞子の母親(山村志津子)のモデル[御船千鶴子]出生地

ジャパニーズホラーの先駆けとなった、リングの山村貞子の母親である、山村志津子のモデルとなった御船千鶴子は現宇城市不知火町に生まれ育った。

その名が世に知れるのは、透視や念写などである。だが、公開実験での失敗などからマスコミや世論から非難が殺到し、24歳の時に自殺。

御船千鶴子生誕の地(地図)
〒869-3472 熊本県宇城市不知火町松合松合909−5

漫画、果物、ゲームからVチューバーまで不知火姓リスト

■不知火フレア(Vチューバー)

■不知火半袖(漫画めだかボックスのキャラ)

■シラヌヒ不知火(デコポン似の果物)

■不知火守(漫画ドカベンのキャラクター)

■不知火(妖怪)

■不知火(プロレス技)

不知火の怪火の正体は〇〇〇だった!摩訶不思議な町を調査した結果のまとめ

旧暦8月1日(8月末頃)に八代海に浮かぶ怪火という火に見える蜃気楼のことで、超自然現象。不知火町には貞子の母のモデルや、相撲の不知火型は短命なジンクスがあるなど、奇妙なことが多い。

近々、もう一度現地調査に行ってから、追って報告します。つづく…

熊本県
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!

コメント