新型コロナウイルスが怖過ぎて日本に帰国したくない

対応が真逆?!日本だけ別のウイルスが流行ってる惑星なのか?

厚生労働省のHPから引用すると
「入国申請日前の14日間以内に湖北省に滞在歴がある外国人や、湖北省で発行した中国パスポートを所持する人は特段の事情がない限り入国が禁止されています。2月1日午前0時から実施されています。」
と書かれている。

これだけでも、他の国と比べてかなり緩い事が伝わってくるかもしれない。
日本の満員電車でのマスク着用率は約半数と聞く。
それでも例年よりは高いのだろうが、中国人がぞろぞろ入国している事を考えると、コロナ感染者がいないのか不思議に思えてくる。
日本は厚生労働省や国の発表を聞くと、「コロナウイルスは大したことないから騒ぐな」と言ってるように聞こえる。
その一方で、SNSや掲示板などの書き込みを見ると、国に対して危機感の無さを指摘する声で溢れかえっている。
そして、2月16日の青梅マラソンは開催されてしまうようだ。
公式HPによると「厚生労働省の発表に従い現状は流行が認められる状況でない」のが理由のようだ。
2月15日の時点で、日本全国から感染経路不明のコロナ患者の多発しているのにも関わらずだ。
他の国ならまず考えられない。

諸外国は国が先導して危機感を煽っているのに対して、日本だけが別の惑星にいるかのように真逆に動いているのである。

韓国が中国からの渡航を受け入れる止むを得ない理由

韓国は中国からの入国制限は湖北省からのみである。
それ以外の地域からは入国が可能な点で日本と同じだ
韓国経済は中国の依存度が高く、輸出入を停止すると国の経済が停止してしまうので、やむを得ない理由がある。
それでも、中国からの入国は、厳しい入国審査を行い、韓国入国後も行動チェックを厳しくするなどの対策がされている。

経済的な観点で言えば、韓国やカンボジアと比べて日本は、まだまだ内需に支えられており、中国無しでもそれほど大きな打撃は受けない。
日本は人口密度が高く、他国には見られないほどの満員電車を抱える。
満員電車内に1人でも感染者がいたら、あっという間に全国に広がり、取り返しがつかなくなる事だろう。
このような特性のある国で、韓国やカンボジアのように入国制限しない理由は無いはずなのに、ここまで入国が緩いのは何故なのか?
国はなぜ安全である事を強調しているのか?

法人税が減税され、企業の内部留保は5年連続で過去最高を更新した。
天下り官僚や大企業の役員など上級国民と呼ばれる人達にとっては、美味しい話なのだろう。
その一方で、消費税が増税されたばかりだ。
彼らが国民の生活や健康を犠牲にして守りたいものは、いったい何なのだろうか?
新型コロナウイルス問題も、消費税増税・法人税減税も根本的には同じ原因があるように思えてしまうのは私だけだろうか?

日本に帰りたくない。日本に帰りたくない。
そんな気持ちが日増しに強くなっていく毎日である。

※伝聞を元に書き上げた記事なので、全くの的外れな事を書いてる可能性もあります。
もし、間違ってることなどがありましたら、コメント欄等でご指摘ください。

新型コロナウイルス、海外の反応と日本人の対応が違いすぎ!日本の皆様へお願い@ベトナム
海外にいる視点から日本にいる皆さんにお願いしたいこと。 このページの目次 1.新型コロナウイルスについて日本の皆さんにお願い 2.海外と日本の対応が違いすぎて泣きたくなる 3.開催日が2月16日の日本のマラソン大会一覧 4.日本へ...
武漢発の新型コロナウイルスの世界各国での呼び方・読み方。世界では「武漢ウイルス」が主流?
武漢発のコロナウイルスは、日本では「新型コロナウイルス」と呼ばれています。 世界の他の国ではどのように呼ばれているのでしょうか? 調査してみたところ、意外な事が分かりました。 世界各国の新型コロナウイルスの呼ばれ方 英語圏(...

コメント

タイトルとURLをコピーしました