猫の多い国、少ない国。猫好きランキング

トルコ

トルコには猫がいっぱいいます。
猫のエサの自動販売機もあったりして、人間よりも大事にされています。
しかも、どの猫も人懐こく猫天国のトルネコ。
トルコを原産地とする猫の「ターキッシュ・バン」は泳げる珍しい猫としても知られています。

猫好き必見!ネコいっぱい猫の国トルコに行って来た
トルコに来て一番ビックリしたのは、街にいる猫や犬の数だ。 大都市イスタンブールでは、どの道を歩いても猫が視界に入ってくる。 観光名所やレストランにはもちろん、空港にまでいたりする。 モスクでイスラム教徒が礼拝している最中にも、ヒョコヒ...

台湾

海に囲まれて温暖な気候の島台湾は、猫の島と言っても過言ではありません。
1998年に台北市に開店した「猫花園(貓花園)」は、世界初の「猫カフェ」として知られています。
(日本初は、2004年に開店した大阪市北区の「猫の時間」)
台北近郊(電車で1時間)には猫村(世界六大猫スポット)として有名な「猴硐猫村(ホウトン マオツゥン)」もあります。

【猫多すぎ注意】世界一の猫村「猴硐」(ホウトン)はネコパラダイスだった!
台湾の猫と言えば猴硐。想像を超える猫の数でビックリ! 村の入り口からあたり一面猫の世界。 それだけでなく、古い建物が多くノスタルジーに浸れる村でした。 世界6大猫スポット「猴硐」 「猴硐猫村」はCNN.comに掲載された世界...

インドネシア

赤道直下のインドネシアは、寒いのが苦手な猫にとって暮らしやすい国。
猫は非常に大切にされていて、横断歩道を人間と同じように渡る猫もいます。
ジャコウネコは、高級コーヒー「コピ・ルアク」の生産の一部を担うなど、猫は人間の生活にも役立っています。
※「コピ・ルアク」は、ジャコウネコにコーヒー豆を食べさせ、フンの中から未消化のコーヒー豆を利用したもの。

インドネシアの猫が面白すぎてワロタ。かわい
インドネシアといえば猫! インドネシア人の宗教はイスラム教が大多数で、猫が大切にされてる国です。 観光地やレジャーで人気のバリ島の宗教は、ヒンズー教がメインですが、バリ島でも猫が大切にされています。 インドネシアの猫は人々から愛されノ...

タイ

タイは熱心な仏教徒が多く、動物を大切にする国です。
街の野良猫は人懐こく、人間に可愛がられて暮らしています。
寺院にも猫が多く、バンコクの「ワット・ポー」は猫が多い猫寺としても有名です。
古来からタイには3種の猫がいました。
「シャム」「シィ・サワット(コラット)」「スパラック(バーミーズ)」です。
いずれの猫も古来から人々に愛され、世界に広まったオシャレな猫達です。
タイの干支は「鼠、牛、虎、猫、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、豚」
猫好きにはうらやましい。
この干支は、チベットやベトナムと同じで順番です。

タイの猫に注意!猫がいっぱい!タイ猫の性格は?噛まれたら?
東南アジアにはノラ猫が多く生活しており、とても人懐っこいです。 タイも例外なく猫が多く野良猫はとても人懐こいです (タイ原産のシャム猫はあまり見かけなかった。雑種として混血してるのかも?) 1. タイの観光地や街で見かけた猫 ...

マレーシア

イスラム文化は猫を大切にします。
ネコが街のシンボル「クチン」だけでなく、首都クアラルンプールから、地方都市のイポー、ジョージアなども猫の多い街ととして知られています。
山間部にはマレーヤマネコなどの大型の野生の猫なども生息しています。

キューバ

温暖な島国キューバは猫にとっても暮らしやすい島。
ハバナの街は半飼い半野生の犬や猫が沢山暮らしてました。

イタリア

イタリア人は猫好きで、トッレ・アルゼンティーナ広場は史跡全体が猫の国になっています

なんと!イタリアの猫はスパゲティ大好き!トッレ・アルジェンティーナ広場
歩くだけで人生が変わる?「写真撮影」は「感動」を探し歩くことで心と頭を体を元気にする手軽な健康法 足は第二の心臓 ウォーキングをする事で下半身がポンプの役割をし全身の血流を良くする。 インスタ映えを求めて「お写んぽ」で明るく健康な人生に変えていこう!

下記の国々は猫はそれほど多くなかったです。

オランダ

メキシコ

中国

食猫文化のある中国。
広東省や広西チワン族自治区などを中心に年間に400万匹の猫が食べられていると言われています。
中国国内の法律では猫肉の取引は禁しされていますが、食猫の消費量は増加傾向にあると言われています。

オーストラリア

ベトナム

タイやマレーシアなど、東南アジアでは猫の多い国が多いのですが、ベトナムではほとんど見かけません。
野良犬はよく見かけました。食猫文化があるので、野良猫は食べられてしまうのかもしれません。

韓国

コメント