【驚愕】マクドナルドは世界各国で味やメニューが全く違う!

海外のマクドナルドは国によってメニューや味が全く違います。
各国の味や値段やメニューの豊富さをランク付けしました。

台湾・韓国・香港・タイ・マレーシア・インドネシアなど、アジアのマクドナルド

日本のマクドナルドの味、価格

★★★☆☆3価格(安さ)
★★★☆☆3味(日本人に合うか)
★★★★★5メニュー(豊富さ)
日本の物価と比べると、日本のマクドナルドは相対的に安いと思われます。
日本のマクドナルドは、日本より物価が遥かに安いタイよりも安いですからね。
ビッグマックはタイや韓国は約420円ですが、日本は390円です。
日本のマクドナルドは外国に比べて肉やポテトの本来の味が出ていない気がします。
使われてる調味料に限っては、外国に比べて豊富で美味しいです。
国内ならモスバーガーが一番好きです(個人の感想です)
日本のマクドナルドはメニューの豊富さに関しては恐らく世界一かと思います。
元は日本限定だった「てりやきバーガー」は有名ですが、「コーンクリームスープ」「シャカシャカポテト」「チキンタツタ」「えびフィオレ」なども海外ではなかなか見かけないメニューです。
一方で、細かいカスタマイズ(ケチャップの量などの調整)は外国の方が出来たりします。

台湾のマクドナルドの味、価格

★★★★☆4価格(安さ)
★★★★★5味(日本人に合うか)
★★★★★5メニュー(豊富さ)
台湾は日本より物価が安く、マクドナルドの値段も安いです。
味については、恐らく世界一です(個人の感想です)
マクドナルドの味で初めて感動しました。
肉がとてもジューシーで肉汁があふれ出てきました。
明らかに日本と使っている肉が違いました。
メニューは豊富で、種類は日本と大きく変わりませんでした。

韓国のマクドナルドの味、価格

★★★☆☆3価格(安さ)
★★★☆☆3味(日本人に合うか)
★★★★☆4メニュー(豊富さ)
韓国は愛国心が強く、店舗数は韓国発のロッテリアが圧倒的に多いですが、マクドナルド、バーガーキング、ケンタッキーフライドチキン、モスバーガーなども存在します。
日本より物価が安い韓国ですが、マクドナルドの値段は日本より若干安い程度。
メニューによっては日本よりも高い事もあります。
味は日本とそれほど変わりません。
韓国ならロッテリアの方が美味しいです。
ロッテリアは日本より美味しい(個人の感想です)
メニューの種類は日本と大きく変わりません。地域限定メニューにプルコギバーガー(最近は日本でも売られてる?)などがある程度でした。
店によっては飲み物がコーラのみに限られている事もあるようです。

香港のマクドナルドの味、価格

★★★★☆4価格(安さ)
★★☆☆☆2味(日本人に合うか)
★★★★☆4メニュー(豊富さ)
世界一家賃が高い都市と言われ、食費も値上がり傾向のある香港ですが、マクドナルドに関しては日本より安いです。
美味しく食べるよりも、気軽に安く食べる人に向いています。
ポテトなどは日本の方がふっくらしていて美味しいと感じました。
香港限定のドリンクメニュー「茶餐廳(チャーチャンテン)」や鶏肉のバーガー「手斯鶏(蒸した鶏をちぎったもの)」などがあり、メニューも豊富です。

タイのマクドナルドの味、価格

★★☆☆☆2価格(安さ)
★★★☆☆3味(日本人に合うか)
★★★☆☆3メニュー(豊富さ)
日本の物価の三分の一と言われているタイですが、マクドナルドは日本と同じか高い料金設定です。
タイ料理は屋台などで食べると100円~200円なのを考えると、タイのマクドナルドは高級な食べ物と言えるでしょう。
タイではスターバックスの値段も日本より高いので、チェーン店は高級志向な戦略でしょうか?
Wi-Fiの電波は強く、電波の弱さに困ったらマクドナルドに駆け込むのもありです。
店内はゆったりした作りで、テーブルや椅子も高級感が漂い、インスタ映えする雰囲気さえあります。
味は日本と大きく変わりませんが、揚げ物に水分を含みすぎてる事が多く、決して日本より美味しいとは感じませんでした。
噂に聞いてた辛さは強くありませんでした。
ちなみに、タイのケンタッキー・フライド・チキンは基本的に辛いです。

マレーシアのマクドナルドの味、価格

★★★★★5価格(安さ)
★★★☆☆3味(日本人に合うか)
★★☆☆☆2メニュー(豊富さ)
物価が三分の一と言われているマレーシアはマクドナルドも安く、ビックマックは約230円(RM9程度)、マックナゲットセットは約300円(RM11.5程度)でした。
物価が上昇している国なので、年々高くなっています。
味は普通でした。
ソフトクリームやチョコレートなどは甘さが強めでした。
イスラム教が強い国なので、豚肉を使ったメニューはありません。
チキンやフィッシュやビーフなどのハラルメニューが中心です。
イスラム文化の影響か、マクドナルドに比べてケンタッキー・フライド・チキンが多いです。

ハラルマーク(ハラル認証)とは?

「ハラル」あるいは「ハラール」のマークは、イスラム教が禁じているものが含まない食品等に認証されるマークです。
マレーシアやインドネシアのマクドナルドでは、このようなハラルマークがよく見られます。

インドネシアのマクドナルドの味、価格

★★★★★5価格(安さ)
★★☆☆☆2味(日本人に合うか)
★★☆☆☆2メニュー(豊富さ)
安さに関しては、マレーシアに並びトップクラスです。
日本なら余裕で500円を超えると思われるセットメニューは200円から300円程度、デザートなどは100円から200円程度です。
ただし、バリ島はもうちょっと割高になります。
味は特別に美味しいとは感じませんでした。
イスラム文化の影響で、ハラルメニューの店舗が多く、マレーシアと同様にチキンやビーフなどがメニューの中心です。
その為、ケンタッキー・フライド・チキンの方が圧倒的に店舗数が多いです。
インドネシア独自のメニューに、ライスに卵焼きや肉がおかずについてくる料理がありますが、箸やフォークは出て来ません。
インドネシアでは手づかみで食事をする文化がある為です。
食事前に手洗いをしてから食べましょう。
ただし、バリ島はヒンズー教がメインの宗教であり観光客も多いので他の国と大きくメニューは変わりません。
バリ島での人気は「てりやきバーガー」でした。

オーストラリア・アメリカ・グアム・メキシコなど、オセアニア・アメリカ大陸のマクドナルド

オーストラリアのマクドナルドの味、価格

★★★☆☆3価格(安さ)
★★★★☆4味(日本人に合うか)
★★★★☆4メニュー(豊富さ)
日本より物価の高いオーストラリアですが、マクドナルドの値段はほぼ日本と変わりません。
オーストラリアで食べる料理は日本よりサイズが大きい事が多いのですが、マクドナルドでは日本とほぼ同サイズのものが出て来ました。
ケアンズで食べた時はとても美味しいと感じたのですが、旅行先によって味が異なるようです。
基本的に赤道に近い北部に行くほど美味しくなる傾向が強いようです。
オーストラリアの料理はそれほど美味しくないので、レストランではなく、毎回マクドナルドで食べた人もいました。
オーストラリアの料理が口に合わないと感じたらマクドナルドに駆け込みましょう。
メニューは豊富で、オージーBBQなどの地域限定メニューもあります。

グアムのマクドナルドの味、価格

★★★☆☆3価格(安さ)
★★☆☆☆2味(日本人に合うか)
★★☆☆☆2メニュー(豊富さ)
グアムはリゾート地で、物価はやや高めですが、マクドナルドの値段は日本と大きく変わりません。
ハンバーガーやポテトにつけるケチャップとマスタードは味に特に凝った味ではありませんでした。
ドリンクのサイズが大きいので一回では飲み切れず持ち帰りました。
グアムのSサイズで日本のLとそれほど変わらないイメージです。
メニューはチーズバーガーやビックマックなどメジャーなものが置いてありますが、日本よりも種類は少ないです。
朝マックのメニューには、ライスと卵焼きとソーセージがあります。
アジアからの観光客に好評なのでしょうか。

メキシコのマクドナルドの味、価格

★★★★☆4価格(安さ)
★★★☆☆3味(日本人に合うか)
★★★☆☆3メニュー(豊富さ)
メキシコの物価は日本の半分程度と言われていますが、マクドナルドも日本の半額かそれより安い程度。
物価の安い国でもマクドナルドは割高な事が多いのですが、メキシコは割安だと思います。
味はメキシコシティよりもカンクンの方が美味しいらしいです。
メキシコシティは普通の味でしたが、全体的に甘さが強い傾向がありました。
メキシコのマクドナルドは日本にはない地域限定のものが多いです。
ハバネロ系の辛そうなものからボリュームのあるサラダセットのようなものまで、独特なメニューがあります。
ソースなどのトッピングはとにかく豊富で、ケチャップの他に見たこともないものがズラリと並び驚きました。

イタリア・ドイツ・トルコなど、ヨーロッパのマクドナルド

イタリアのマクドナルドの味、価格

★★★★☆4価格(安さ)
★★☆☆☆2味(日本人に合うか)
★★★☆☆3メニュー(豊富さ)
イタリアは南北で物価が異なるのに合わせ、マクドナルドも南に行くほど安くなります。
全体的には物価の割に安い傾向がありそうです。
ただし、味はあまり評判がよくありません。
イタリアはチーズなどの乳製品も美味しいのですが、マクドナルドではそれが生かされていませんでした。
メニューは野菜を中心に豊富で、日本よりもヘルシー志向にあります。
パンが他の国と違った仕様で独特です。
イタリアは美食国家ですが、レストランで食べても値段はそれほど高くないので、マクドナルドで食べるお買い得感はありません。
しかしマクドナルドは非常に混みます。
イタリアは古い建物の構造を残した建築物が多く、トイレのある場所が限られています。
マクドナルドのトイレは無料で使えますので、とても混雑していました。

ドイツのマクドナルドの味、価格

★★★☆☆3価格(安さ)
★★★☆☆3味(日本人に合うか)
★★★☆☆3メニュー(豊富さ)
物価のやや高いイメージのあるドイツですが、マクドナルドは日本の値段とそれほど変わりません。
ドイツはとても合理的な国で、高い値段を払えば美味しいものが食べられ、安いものはそれなりの物しか食べられません。
そう考えると値段相応な味だと思います。
ドイツは美食国家フランスが隣にある為、食のイメージが薄いですが、基本的に食べ物は美味しい部類だと思います。
ただし、寒冷な気候の影響で食材が乏しいせいか、バリエーションはそれほど豊富ではありません。
それでも、ソーセージを挟んだハンバーガーなど、様々な組み合わせでドイツ料理らしいメニューもあります。
驚いたのはメニューにビールがあることでした。
お値段も安いです。

トルコのマクドナルドの味、価格

★★★★☆4価格(安さ)
★★★★☆4味(日本人に合うか)
★★★☆☆3メニュー(豊富さ)
日本と比べて物価の安いトルコはマクドナルドの物価も安めです。
味はヨーグルトなどを使ったヘルシー志向なものが多く、独特です。
オニオンリングやポテトは日本よりもふっくらしていてファーストフードとは思えない食感です。
マックトルコ(パンにビーフかチキンを挟んだもの)、キョフテバーガー(中東のスパイスを使用)、チャイ(お茶の一種)などトルコ限定のメニューもあります。
ただし、イスラム教が強い影響で、豚肉を使ったメニューはありませんでした。
トルコではバーガーキングの方が人気のようで、店舗も多く見かけました。
(実際にバーガーキングの方が美味しいと感じました)

海外の楽しみはマクドナルド!

海外旅行へ行く時の楽しみの一つに外国のマクドナルドを食べる事です。
アメリカと国交のある国はほぼ確実にマクドナルドが存在し、その国の料理の個性がぎっしり詰まっています。
もしかしたら同じ国でも地域や店によって味が違ったりして、全くの的外れな事を書いてるかもしれませんが、あくまでも個人の感想として、ぜひ参考にしてみてください。
(友達などの意見も入れてズレはある程度の修正をしています)
皆さんもぜひ食べ比べてくださいね。

【最新版】世界一料理がまずい国ランキング 決定戦!
一位はやっぱりあの国。美味しいと言われてる意外な国も「まずい料理」にランクイン。 上位は寒い国に集中する結果になりました。気候と料理の味は密接に関連していそうです。 味覚は人それぞれなので、同じものを食べても反応は様々です。 現地人に...
【最新版】世界一料理がうまい国ランキング 決定戦!
日本は4位。ついに1位が入れ替わりました!(随時更新中) 女子と男子で異なる傾向が見られました。 海外旅行好きの方々のオススメ料理ランキングはこちら。 ※各国を11人の旅人に5段階で採点してもらい、平均値をランキングにしました。 ...
海外お写んぽ
スポンサーリンク
シェアする
ちゃみっこ大先生をフォローする
スポンサーリンク
お写んぽ

コメント

  1. 本当だ、マクドナルドでもコーンスープは日本だけのメニューだったのかw https://oshanpo.com/oversea-mcdonald/

タイトルとURLをコピーしました