[ここが変だよ]台湾で観光してびっくりしたこと、びっくりした物15選

スポンサーリンク

1. 臭豆腐が臭い

台湾を代表する食べ物の臭豆腐。

名前の通り臭いがする(キツい)揚げ豆腐。

夜市で必ずと言っていいほど、臭豆腐屋の屋台があります。10m手前から強烈な臭いを漂わせます。

ただ、これが食べてみると意外に好吃(美味い)なんです!揚げ豆腐なので、日本人にも馴染みがありますしね。台湾ビール(金牌)にもとても合います。

日本で言うところの納豆なのかもしれません。納豆も馴染みがあるから食べられますけど、冷静に臭いを嗅ぐと臭いですよね!

それと同じで、臭豆腐もうまいんです!

夜市で見かけた時には一度、チャレンジしてみて下さい。

2. 緑茶が甘い

緑茶が甘い、ホントに甘すぎるんです。

理由は砂糖が入っているからです。

砂糖なしのいわゆる普通の緑茶には無糖と書かれています。

なので、台湾のコンビニなどで緑茶を買う場合は、無糖と書かれているかを確認すると良いです。

3. 電車内で飲食すると罰金

地下鉄やモノレールなど、公共交通機関を利用する場合は、水なども含め飲んでしまうと、罰金を課せられる可能性があるので、気をつけましょう!

私はついつい日本にいる時の癖でペットボトルのキャップを開けそうになります。

4. 飲食店に飲食の持ち込み可

観光してると飲み物を片手にーなんてことはよくありますよね?そして、美味しそう物があると店に寄りたくなります。そんな時でも、そのまま持ち込んでも大丈夫なんです。(特に飲み物)

水の提供がないからこれは助かりますよね。毎回、飲み物まで頼んでたら高くつくし、めんどくさいですしね。

5. 公園にジムの様な設備がある

さすがは健康先進台湾。

街の公園には必ずトレーニング具が常設されています。朝、公園を散歩しているとおじさんおばさんたちが、トレーニングしています。私は脚の裏のツボを抑えるデコボコ(凸凹)道があったので、靴を脱いで歩いてみたのですが、めちゃくちゃ痛かったです。不健康という証拠でしょうか。

また、団体で気功をやっている地元民たちもいました。

6. 飼い犬をバイクに乗せて移動

バイクが庶民の足となっている台湾。ひとり一台は当たり前です、それほどバイク人口が多いです。

そして、ペットで犬を飼っている人も多く、バイクのフット部分にちょこんと乗っている犬をよく見かけます。

乗る瞬間も見たことがあるのですが、ホント当たり前の様にスムーズに乗っていました。

中にはとんでもない所に乗っているワンチャンもいるくらいです(写真)

7. 秋頃の気候でも冬服

台湾にも冬の季節があります。冬とは言っても、秋くらいの気温です。しかし、台湾の人々はがっつりアウターを着ます。冬服の格好で過ごします。夏が長い分、寒さに敏感なのかもしれませんね。

8. みんな写真大好き

ほんっとに写真が大好きな人たちです。写真を撮るのはもちろん、みんなで撮る時なんて、同じ場所でいろんな角度やポーズで撮ります。そして、インスタ映えスポットや、インスタ映えな撮り方をするのがプロ並みに上手いです。思いもよらない、場所をインスタ映えスポットにしてしまいます。

9. ドリンクのテイクアウトはビニール袋

主にナイトマーケットや屋台での話ですが、フレッシュジュースをテイクアウトすると、ビニール袋に入れて口を閉じ、ストローを刺して渡されます。最初はびっくりしたけど、激安だからそうだよなーと納得し、ローカル感を味わう楽しみがあります。

10. チワワやトイプードルが野犬化

日本人がみんな大好きで一度は必ず訪れる観光スポットの九份で、チワワやトイプードルが野良犬としてブラブラしていました。体毛はボッサボサで、汚れててなんだか可愛そうなくらい。

11. 台湾のすき焼きが美味すぎる

台湾ですき焼きが美味すぎてビックリしました!はっきりいって、日本のすき焼きを超えてます。

ウェイターが肉(牛肉、豚肉、鶏肉など)や魚介類(魚、エビ、イカなど)や野菜などをカートに乗せて、運んてきます。その20種類以上ある中から選んで、2種類のスープで煮込みます。

このバラエティ豊かな食材がすき焼きによく合うし、好吃(美味しい)かった!

12. 耳かき専門の医師がいる

日本人が大好きな耳かき。子供の頃は母親に耳かきしてもらうけど、大人になると自分でやりますよね?(耳かき専門の店が流行ったことあったけど)

台湾には本格的な耳かき専門の医院があるんです!おじさんがひとりでやっているのですか、地元民が殺到し、番号札を取って待たないといけないくらいです。

順番を待っていると地元のおばちゃん達が、ここはいいわよー!とみんなニコニコ。

耳かきというより、ライトを当ててピンセットで耳垢を摘んで取ってくれる感じでした。最後に、取れた耳垢を見せてくれます。

13. ホテルの鍵がテレビのリモコン

台北のローカルホテルに泊まった時のこと。フロントで鍵を渡されて、見たらテレビのリモコンがくっついてました。外出する時は、フロントに当然預けて行きます。

14. バイクとバスの専用レーンがある

台湾はバイクが多いのは有名ですね。そして、バイクが多いためなのかバイク専用レーンが存在します。

更に、バスも地下鉄並みに充実していて、バス専用レーンがあるほどです。これで、遅延の心配もないですね。

15. トイレでトイレットペーパーを便器に流してはダメ

トイレットペーパーは便器に流してはダメです。備え付けのゴミ箱に捨てましょう!流れが弱いために、詰まってしまうことがあります。

◎ちなみに失敗談として、ゲストハウスに泊まった時、お腹に溜まっていたう●こが大き過ぎて、流れませんでした(日本ならどんなに大きくても流れる)。慌てて、スタッフにスッポンを借りてきて、押しまくってなんとか難を逃れました。

※新光三越デパートなどのトイレは流しても大丈夫です。

[ここが変だよ]台湾で観光してびっくりしたこと、びっくりした物15選のまとめ

台湾観光する際には独自のルールを予め知ることで、安心して観光を楽しめます。と同時に、台湾の生活も垣間見えます。

日本にいると当たり前なことも、海外では当たり前ではないということも考えさられまふね。

それでは、拜拜(バイバイ)。

台湾
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!

コメント