ブルガリア、ギリシャとの国境の街「エディルネ」とセリミエジャーミィ(モスク)

セリミエジャーミィ
イスタンブールから日帰り観光の出来る国境の街「エディルネ」
エディルネからブルガリアの国境まで車で30分、エディルネからギリシャの国境まで15分。
エディルネはキリスト教国家に囲まれた国境の街である。
ギリシャ国境へ向かおうとした難民が足止めされた地だ。
世界遺産のモスク「セリミエモスク(セリミエジャーミィ)」を中心に見所の多い街でもある。

スポンサーリンク

国境の街「エディルネ」とは?

オスマン帝国の首都だった歴史もあり、世界史に登場する古くから栄えた街です。
現在はトルコの西の玄関口として発展している。
2017年の人口は17万人。2000年次に12万人だった事を考えると人口は急増してると言ってよいでしょう。
エディルネの気候は地中海性気候(ケッペンの気候区分:Cfa)で、乾季は5月~9月です。
観光のベストシーズンは、暑くならず、降水量も少ない5月、6月、9月です。
難民が増えた事で治安が心配されましたが、現在は特に治安の悪化は無い模様です。
エディルネの街を見下ろす

エディルネの行き方(アクセス)

イスタンブールから郊外に移動するにはバスが主な交通手段です。
イスタンブールには大きなバスターミナル(オトガル)が2つあり、ヨーロッパ側とアジア側にそれぞれ1つずつあります。
エディルネへの行き方は、ヨーロッパ側のバスターミナル(オトガル)を利用します。
エディルネ行きのバスは複数のバス会社が運営しており、日中は1時間に1本か2本程度出ています。
バス会社によってバスの出発場所が異なり、状況によって変更があるので、現地のスタッフに直接聞くことをオススメします。
イスタンブールからエディルネのバスターミナル(オトガル)までは約2時間半~3時間。
エディルネのバスターミナル(オトガル)から、市街地やセリミエモスク(セリミエジャーミィ)まではバスで30分ほどです。
エディルネの市街地へはバスターミナルのスタッフに聞くと確実でしょう。
我々も行き方を聞いたところ、丁寧に教えてくれました。
(事前に調べるのはWEBの情報が古かったりして限界があります)
トルコでは、エディルネのようなローカルのバスターミナル(オトガル)では、英語が通じない事が多いので、翻訳アプリは必須です。
エディルネの街並み

エディルネの街の観光と、セリミエモスク(セリミエジャーミィ)

イスタンブールからエディルネまでは、バスで3時間ほどです。十分に日帰りが可能な街です。

エディルネの街を散策

エディルネの街をお写ん歩しました!
キリスト教国家に囲まれた立地のせいか、街並みも人の顔立ちもヨーロッパ色が濃いです。
南ヨーロッパのキリスト教会をそのままモスクにしたような街並みです。
カラフルなインスタ映えする階段がありました。
インスタ映えする階段@エディルネ

エディルネの人はトルコ人の平均的な顔立ちとはだいぶ異なり、東欧系の顔立ちをしている人が多いです。
この街での東洋人は珍しいらしく、街行く人にジロジロ見られました。
東洋人は珍しい@エディルネ

不思議なことに、建物は4階建て~7階建ての間で統一されている。
建物に規制があるんでしょうね。
ジャレまくるワンコ。トルコは街を歩いていると犬や猫を多く見かけます。

猫好き必見!ネコいっぱい猫の国トルコに行って来た
トルコに来て一番ビックリしたのは、街にいる猫や犬の数だ。 大都市イスタンブールでは、どの道を歩いても猫が視界に入ってくる。 観光名所やレストランにはもちろん、空港にまでいたりする。 モスクでイスラム教徒が礼拝している最中にも、ヒョコヒ...

セリミエジャーミィ付近の巧妙な詐欺にご注意!(次ページ)

コメント