地下宮殿(イェレバタン貯水池)

スポンサーリンク

イスタンブールの地下宮殿をお写んぽ

入場料は20TLだが、変動する事もある。
入り口はアヤソフィアの北側だが、分かりにくくて迷った^^;
日本語では「地下宮殿」と呼ばれているが、東ローマ帝国時代の5世紀頃から貯水池として使われていた建物だ。
地上からは想像できない広さで、水を蓄えておくために作られたとは思えないほど立派な作りだ。
床が濡れていて滑りやすいので滑りやすい靴は禁物だ。
中には地下カフェなど商業施設もある。
P1140391_R

ライトアップが効果的にされていて幻想的な雰囲気だ。
P1140422_R

中はひんやりとして地上とは異なる湿った空気が漂う。
P1140392_R

暗くて見えにくいが、よく見ると池には魚が数多く優雅に泳いでいる
P1140393_R

メドゥーサの首
P1140399_R

トルコ
スポンサーリンク
ちゃみっこ大先生をフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター
ちゃみっこ大先生

触ってないのに「手から猫の匂いがする」と言われ、風呂上りに「納豆の匂いがする」と言われる「お写んぽ界」のマジシャン。
岩合光昭さんに憧れて、最近オリンパス(OLYMPUS E-M5 Mark Ⅱ)を買いました。

ちゃみっこ大先生のツイッター[@Chamitate]

ちゃみっこ大先生をフォローする
お写んぽ!