世界遺産チャンアンで地元カップルのWデートにお邪魔

首都ハノイから鉄道で2時間くらいのニンビンという場所へ。ココは”陸のハロン湾”と呼ばれており、行ってみることにしました。

バインミーとコーヒー飲みながら、ガタンゴトン。

ニンビン駅着いたら、目の前にあるレンタサイクル屋でチャリを1泊2日で借り、宿へゴー。1泊2日だと、2日分の料金が必要と言われたから、交渉して1.5日分にしてもらった。

街中のゲストハウスにチェックインした後、Hang Muaへ

道中、お城みたいのと、そびえ立つ山がお迎え。横からバイクがどんどん追い越してく。これ、チャリで行く距離じゃないなw

時飛ばしっ!

長い階段を登り、たどり着いた絶景。

こえーよ

途中、ヤギが崖を歩いてる場面に遭遇しつつ、コイツらすげーなw 汗だくになりながならも、登って行った。

途中、二手に道が分かれていて、向こう側に見えるのがそれ。こっちのが高かったから、こっち来ちゃった。正直、ここに来るまで途中から階段がなくなり、ゴツゴツした岩を登ったて、観光出来てた中国系のおっちゃんに写真撮ってもらった。この中国系のおっちゃんが、傘(日傘じゃない)を片手にさして、登っててすげーバランス感覚やなーと、中国雑技団を思い出した。


Hang Múa(地図)

Khê Hạ, Hoa Lư District, ニンビン ベトナム

入場料

100,000ドン(500円)

駐輪場代

5,000ドン(25円)


次の日、ゲストハウスで無料の朝食(1泊400円なのに朝食付きてw)食べて、チャンアンへ🚲

ベトナム人2カップルと私でクルージングするとこに。ボートに乗り込む時に適当に振り分けられる。

ゆるーりとボートクルージングしながら、1カップルのうちの女の子が食べてみる?って、くれたライチ。塩に唐辛子が入ったものを付けて食べるそうな、ジューシーで美味しかった!com on(ありがとう)

いくつかの洞窟を通過するこのクルージング。入り口付近は特に高さが低いため、かなり屈まないと頭が割れる。動画撮ってたら、時折ボート漕いでるおばちゃんに怒られた、気をつけましょう!

いくつかの陸に上がって、観光することも出来る。勝手に降ろされるんだけど、ココは映画”キングコング髑髏島の巨神”のロケ地でセットがそのまま残してある。現地民と写真撮影も出来る。チップはあげてもあげなくてもどちらでもいいそうな。

そして、他の陸に上がらせてもらった時、この日はお祭りをやっていたそうで、無料で赤飯をもらえた。みんなにあなたはラッキーねって言われて、もう一個くれたw


チャンアン名勝・遺跡群(地図)

Tràng An, Ninh Xuân, Hoa Lư, Ninh Bình 431995 ベトナム

入場料(クルージング込み)

200,000ドン(1,000円)

駐輪場代

10,000ドン(50円)


なんとか、チェックアウトの13:00までに宿に戻れて、無事さいならー。ギリギリまで観光出来てえがった。

帰りの電車を予約してたんやけども、遅延でまだやーって、待合室で待つことに。1時間後に電車が来たけど便名が違う。けど、みんな乗り込んでる…ひとりぼっちになり、受付に聞いてみると慌てて、チケットを交換し始めて、金も少し返金されて、アレに乗っててw ズコーw 危うく乗り損なうことやった。アナウンスもインフォメーションも何もないから、わからんかった😂

そして、乗り込んだ電車はエアコン通気口が天井近くにクッソ並んどるw 無事にハノイへの帰路に着くのであった。チャンちゃん。

ハノイ←→ニンビン

片道120,000ドン(600円)

ベトナム
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!