バンコク観光のお役立ちナビ〜デパート(モール)を活用しよう〜

バンコクは世界中で人気の観光地です。そのため、東南アジアの中でもトップクラスで街が発展しています。

バンコク観光する際には、デパートやモールを活用しよう

その理由は大きく3つあります。

1. 猛暑の日中には避難すべし

2. 綺麗なトイレを使用しよう

3. 日本で行列の店も並ばない

スポンサーリンク

猛暑の日中には避難すべし

バンコクは一年を通して、気温が高く11〜2月は乾季ですが、それでも昼間はかなり暑いです。私もその乾季である11月に観光したのですが、あまりの暑さにデパートに避難してばかりいました。そう、いくら貴重な休みで観光しに来たとしても、熱中症になったりすると全てが台無しになってしまいす。なので、休憩はちょくちょくとった方がいいです。

綺麗なトイレを使おう

トイレに関しても、モールやデパートのトイレを使った方がいいです。なぜなら

  • ウォシュレットがある
  • トイレットペーパーがある
  • トイレットペーパーが流せる

からです。

日本にいたら当たり前のことですが、ここタイではこれらのことは当たり前ではないのです。

駅や公園などの公衆トイレは、そのほとんどが手動式のウォシュレット(小さなシャワーホース)を自分でお尻に当てて綺麗にしなければならず、更にトイレットペーパーがない場合は、濡れたまま下着を履かければなりません。とても気持ち悪いですよね?そして、気をつけなければならないのは、トイレットペーパーは便器に流してはいけません。流れが弱く、詰まってしまうからです。気をつけましょう!

日本では行列の店も並ばない

タピオカで行列が絶えないGong cha(ゴンチャ)などもココでは、全然並んでなくて、すぐ買えます。しかも、安い!

最後に、私が行って良かったオススメのモール(デパート)を紹介します

1. ターミナル21(Terminal 21)


88 Soi Sukhumvit 19, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ(地図)


割と新しめのモールで、その名の通り空港のターミナルをイメージした造り。それぞのフロアは世界の都市がテーマとなっており、ローマ、パリ、東京、サンフランシスコ、イスタンブール、ロンドン、ハリウッドとそれぞれの個性を生かしている。

2. MBKセンター


444 Phayathai Rd, Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ(地図)


横長のかなり奥行きのある老舗デパートで、東急デパートと連結されていて、とても便利です。店は安価なコピー品から、民芸品、家電、お土産など何でも売っている。電気街の秋葉原っぽさと、小店の多い上野御徒町っぽさを足した様な、それでいてとてつもない規模。地元民の生活感を垣間見えるスポット。入り口では、セキュリティチェック有り。これは、バンコク内のデパートではほとんどそうで、テロ対策。

3. サイアムスクエア ワン


388 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ(地図)


若者向けのファッション多めの新しいモール。BTS(モノレール)サイアム駅の目の前にあるので好アクセス!とても近代的で、オシャレな店が多い。

4. サイアム ディスカバリー


989 Rama I Rd, Khwaeng Pathum Wan, Khet Pathum Wan, Krung Thep Maha Nakhon 10330 タイ(地図)


ここのモールもサイアム駅からすぐの好アクセスで、一流のアパレルブランドが出店。また、奇抜なデザインの洋服もあり、日本未発売のも見受けられた。

布袋寅泰(大ファンです)のギター柄みたいな美しいデザインの外観。近代アートな建造物やなー。

あー、記事書いてたら、早くタイに行きタイ🇹🇭と思ってきたー!

タイ
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!

コメント