「疲れたろパトラッシュ」アントワープ教会の街のイスラム化がすごい

フランダースの犬の舞台の街で有名なアントワープ(オランダ語:Antwerpen(アントウェルペン))。
多くの人が想像するベルギーと違うかもしれない。
こちらは、世界一美しい駅と言われる駅「アントワープ中央駅」。
アントワープ中央駅・内観
アントワープ中央駅・外観

熱心なキリスト教徒が多いイメージのベルギーだが、駅を降りると、女性のほとんどがヒジャブを身に着けているのである。

アントワープだけではなく、ブリュッセルなどの大都市でこのような光景が見られる。

2030年頃にはベルギー人とイスラム系移民の人口が逆転し、西ヨーロッパ最初のイスラム国家が誕生すると指摘する専門家もいる。

アントワープの最大の観光名所は世界遺産「アントワープ聖母大聖堂」の周辺だ。
アントワープ聖母大聖堂

フランダースの犬では、この教会の中で10歳の少年ネロと老犬パトラッシュが亡くなった。
アントワープ聖母大聖堂の中

教会の外には二人を再現したオブジェ。
アントワープ聖母大聖堂の前のネロとパトラッシュ

両親を亡くしたネロは、おじいさんとパトラッシュと一緒に、田舎から教会の近くまで牛乳を届けて生活を立てていた。

こちらが牛乳市場跡。
アントワープの牛乳市場跡

ネロとパトラッシュが牛乳を届けていた牛乳市場跡

聖母大聖堂からすぐ北にあるフルン広場。
ネロとパトラッシュはここで休憩でもしていたのだろうか?

ちなみに、明治41年(1908)に、「フランダースの犬」が日本で初めて出版された時、パトラッシュは「斑(ぶち)」、ネロは「清(きよし)」と翻訳されたらしい。

ベルギー
スポンサーリンク
シェアする
ちゃみっこ編集長をフォローする
スポンサーリンク
お写んぽ-街歩き雑学

コメント

タイトルとURLをコピーしました