[家を捨てよう]長期旅(ノマド)や引っ越し時の[究極の断捨離]に役立つ3つの手順

粗大ゴミは市役所なとの行政を利用

ゴミ袋に入らない粗大ゴミは役所が格安で処分してくれます。個別で料金がかかるので、少ない粗大ゴミであれば行政を利用するのがお得でおすすめ。

粗大ゴミ回収の流れは

①役所へ電話、又はインターネットで手続き
②A券/B券を購入
③指定の場所に粗大ゴミを置き券を貼る
④当日、勝手に持ってってくれる

の4つ

今回は新宿区の粗大ゴミ受け付けセンター(インターネット)を利用したので、説明していきます。
※電話受付もありますが、窓口が少なくほとんど繋がらないためおすすめしません。

粗大ゴミ受付センターへアクセス

24時間対応なので、いつでも思い立った時に手続きできます。
区ごとに分かれているので、お住まいの地域の役所を選びます。今回は新宿区をタップ。
パソコンと電話のアイコンのお申し込みをタップ。
下にスクロールして、インターネット申し込みをタップ
メールアドレスを登録します。※事業系の粗大ゴミは回収できない旨を確認してチェックボックスにレ点を入れる。
申し込みの品目を選択します。例えば、棚ならば検索窓で棚と検索すると表示されます。
棚の場合、箱物家具という品目になります。1番目と2番目に長い辺のサイズを測り、相応する項目にレ点を入れます。今回は135cm以下ですので、粗大ゴミ回収料金は400円ですね。
右下にA券200円2枚と記載。コンビニで買えます。
数量をプルダウンで選択し、次へ(排出日選択)をタップ。
カレンダーの◯から粗大ゴミ回収日を指定。
最後に間違いがないか確認後、申込をするをタップ。
粗大ゴミ申込完了。
※タイミングによっては、排出日が埋まってしまう場合があります。その場合は再度、排出日を選択します。
Eメールで粗大ゴミ申込のご案内が届きますので、確認しましょう。

A券200円/B券300円はコンビニで購入

粗大ゴミ回収の申込が完了したら、次は粗大ゴミ回収料金を支払います。支払い方はコンビニで指定の券を購入すればオーケー。
A券が200円でB券が300円です。間違いのないように注意。コンビニのレジで買えます。

排出日の前夜に指定の場所に粗大ゴミを置き、券を貼り付ける

券には申込の時に記載した氏名を記入し、粗大ゴミ(今回は棚)に貼り付けて、指定の場所(今回は階段下)に置きます。
試しに分解した状態で置きました。ガムテープでまとめました。

排出日当日は勝手に持ってってくれる

排出日当日は特に立ち会いは必要ありません。粗大ゴミは指定の場所に置いておけば、勝手に回収されます。お手軽ですね。

[家を捨てよう]長期旅(ノマド)や引っ越し時の[究極の断捨離]に役立つ3つの手順のまとめ

まずメルカリで価値のある物を売って収入にし、単体では価値のないCDやDVDなどはブックオフオンラインにまとめて買い取ってもらい、それでも残ったゴミは業者に任せる。ゴミが少ない場合は行政のゴミ回収にお願いすると、格安でできる。ただし、実際には破格の金額を提示される可能性もあるので注意して下さい。

最後に…

これから、友達の家にお世話になります。高熱費を半分払う約束でそれ以外は無料です。ノマドライフに一歩近づけたかな?まあ、とにかく自分の理想のライフスタイルにもっと近づける様に頑張ります。

それでは、より良い生活を!


生活
スポンサーリンク
シェアする
なおぽんをフォローする
スポンサーリンク
お写んぽ

コメント

タイトルとURLをコピーしました