チェンライを無料で観光!青い寺[ワット ロンスアテン(Wat Rong Seur Ten)]まで散歩しよう

チェンライ観光で1番の人気といえば白い寺[ワットロンクン(Wat Rong Khun)]。だが、町の中心から1番近く尚且つインパクトのある青い寺(ワットロンステアン)をご存知だろうか?しかも無料(寄付)なんです。今回は青い寺院へ徒歩での行き方をブログで紹介します。

青い寺院

青い寺院(ワットロンスアテン)とは

白い寺院と並ぶ人気を誇る青い寺院(ブルーテンプル)はなんと白い寺(ホワイトテンプル)をデザインしたChalermshai Kositpipat(チャルムチャイ コーシッピパットの弟子である、Putha Kabkaewが手がけたという。どうりでインパクトのあるお寺なわけだ。

ワット ローンスアテン(地図)
หมู่ที่ 2 306 Maekok Rd, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57100 タイ

青い寺(Wat Rong Seur Ten)へのアクセス(行き方)は?

チェンライの町の中心から徒歩40分。12月の気温は25℃以下で乾季のため、カラッと気持ちいいです。雨も全く降りません。散歩がてら町を楽しみましょう。長袖でも汗をかきません。

①チェンライバスターミナル1目の前の通りを右へ、大通りに出たら再び右へ。右角に猫カフェがあります。

②ひたすら真っ直ぐ歩きます。20分ほど歩くと大きな川があります。

大きな川

※ここでポイントなのが車道を登らず下の歩道を通ります。やがて階段がありますのでそこを上ると車道の横の歩道を歩いて橋を渡れます。

橋を渡る

③更に10分ほど歩くと交差点が見えて来ます。その交差点を右に曲がります。左手にはフードマーケットがあるので、寄ってみるのもいいですね。私は帰りに寄りました。

交差点

④真っ直ぐ5分ほどで到着。右側に看板があります。どうやら裏口の様です。

プルーテンプル到着

ブルーテンプル(Blue Temple)での注意事項

■寺院内はカメラ撮影可能

■寺院内は土足禁止、サングラスもNG

■寄付をいれる箱があるので気持ちの金額を入れましょう

■敷地内にも車が入ってくるので注意

Wat Rong Seur Ten(ワットロンスアテン)を見学した後は

喫茶店

入り口目の前のカフェで休憩すると良いでしょう。スタッフのおばちゃんが日本語話せます。チェンライ、又はチェンマイの情報も教えてくれます。もし帰りがダルければgrabタクシーの手配もしてくれますよ。マンゴースムージー1杯(40Bth)で楽しい時間を過ごせました。

Ma-Shi-Ma Cafe'(地図)
196, 1 Maekok Rd, Rim Kok, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57100 タイ

チェンライを無料で観光!青い寺[ワット ロンスアテン(Wat Rong Seur Ten)]まで散歩しようのまとめ

11-2月は乾季な上、チェンライはタイ最北の町というのもあり、昼間でも涼しく快適に過ごせます。散歩がてら観光するのもいいでしょう。費用も無料で済みますし健康にもいい。

それでは、コップンカー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました