チェンライを500円で観光!ワットロンクン(白い寺)へローカルバスで簡単アクセス

チェンライ(英語ではChiang Rai)はタイの観光地として注目を浴びています。バンコクから国内線でメーファールアン チェンライ空港やチェンマイからバスでアクセスできます。過ごしやすい時期(天気)は11月-2月頃。気温は最高25℃以下で乾季なので湿度低めで過ごしやすいです。

ホワイトテンプル

タイ最高の芸術寺!ワットロンクン(ホワイトテンプル)

今ではタイ最北の町チェンライを代表する観光地となった白い寺のワットロンクン(Wat Rong Khun)。芸術家のチャルムチャイ コーシッピパットがデザイン。ちなみに青い寺(ワット ロンスアテン)はチャルムチャイ コーシッピパットの弟子がデザインした。

ワット ローンクン(地図)
60 หมู่ที่ 1 Phahonyothin Rd, Pa O Don Chai, Mueang Chiang Rai District, Chiang Rai 57000 タイ

青いバス

白いお寺の行き方(アクセス)はソンテウ?いえいえ、バス1択でしょう!

白い寺へのアクセスはローカルバスがバスターミナルから出ているので安く簡単に行けます。

Chiang Rai Bus Terminal 1(地図)
Wiang, ムアンチエンラーイ チエンラーイ 57000 タイ

[乗り方]チェンライバスターミナル1に行き、青いバスに乗り込み[ホワイトテンプル]と告げるだけでオッケー。

※青いバスは他に似たバスがあるので要確認。

[乗車賃の支払い方法]乗車していると乗務員のおばちゃんがお金を回収しにくるので20Bht(70円)渡してください。金額はピッタリじゃなくてもオッケー。

[降車の仕方]20-30分くらいで到着。

運転手が停車し教えてくれますので心配ご無用です。他にも観光客が利用しているのも安心。

下車して徒歩

[バスを降りた後]白い寺の目の前で降ろされるわけではなく、Y字の分かれ道側から徒歩で向かいます。ちなみに降りた場所からホワイトテンプルは見えますので、その方向に向かえばいいだけです。およそ1分。

※大道路を渡る場合、信号がないため注意。

白いお寺

白いお寺(Wat Rong Khun)の入場料は?営業時間は?

[入場料]100Bht(350円)

チケットボックスで購入し、スタッフに提示しゲートを通ります。

※再入場不可

[営業時間]平日8:00-17:00/土日8:00-17:30

※国民の祝日などがあるため要確認

金色のトイレ

ワットロンクン(White Temple)内は?混んでる?

■午後から観光客で激混みのため、午前中がおすすめ(メインの白い寺は行列)

■トイレが金色でゴージャス。トイレットペーパーもあり、無料でたくさん

■絵馬のようなのもがあり、願い事をすると良いかも。

■無料の浄水器あり。敷地内は売店がないため助かります。

■絵画の展示販売やグッズ販売も。Tシャツなど。

※写真撮影禁止

■メインの白い寺は一方通行で戻れないので注意。

■寺内は土足禁止。撮影もNG。

白い寺からの帰り方

ホワイトテンプルからローカルバスでの帰り方

帰りもローカルバスバスで帰ることにしましょう。バス停は無いですが、おおよそ乗る場所は存在します。

寺院の敷地を出ると左手にある通りを右に道なりに進みます。やがて、大通り(来る時にバス下車した通り)にでます。大通りを左に曲がると[POLICE BOX]や[TOSHIBA]などの看板が見えてきます。ベンチもありますので座って待ちましょう。10-20分ほどで同じ青いバスが来ました。

ソンテウも通っているので、ソンテウを使う手も有りかと思います。

チェンライを500円で観光!ワットロンクン(白い寺)へローカルバスで簡単アクセスのまとめ

白い寺(ワットロンクン)チェンライ

バス代と入場料合わせて約500円でチェンライを代表する観光地[Wat Rong Khun(ワットロンクーン)]を満喫できました。ツアーで行くのは正直勿体無いです、近いし簡単に個人で行けますしね。

それでは、コップンカー。

タイ
スポンサーリンク
シェアする
なおぽんをフォローする
スポンサーリンク
お写んぽ

コメント

タイトルとURLをコピーしました