[東南アジア]物価が安い国インドネシアを旅しよう!

Selamat pagi(インドネシア語でおはよう)!なおぽんです!

東南アジアは物価が安く、旅費も往復の航空券以外は費用が少なくて済みます。

その東南アジアの中で私が今おすすめなのが、インドネシアです。

なぜ、インドネシアか。

まずは、私が2018年にトータルで約3ヶ月滞在しましたので、その内訳を公開しようと思います。

スポンサーリンク

✈︎2018✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎

  • 5/7-20

成田✈︎ジャカルタ ¥11,800

✈︎ジョグジャカルタ ¥5,000

✈︎クアラルンプール ¥7,000

✈︎成田 ¥12,000

ホテル ¥7,000

SIMカード ¥2,800

小遣い ¥20,000


  • 7/18-31

成田✈︎(ジャカルタ経由)ジョグジャカルタ 往復¥37,000

ホテル ¥12,000

SIMカード ¥2,800

小遣い ¥22,000


  • 9/8-11/8

成田✈︎(ジャカルタ経由)ジョグジャカルタ ¥17,000

✈︎クアラルンプール ¥7,000

✈︎ジョグジャカルタ ¥8,500

✈︎バリ ¥3,500

✈︎成田 ¥16,000

ホテル ¥54,000

SIMカード ¥4,000

小遣い ¥103,000

✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎✈︎

飛行機

全てマレーシアのLCC航空会社AirAsia(エアアジア)を使いました。座席指定無し、荷物も全て持ち込み。

宿

300円台のドミトリー(ゲストハウス/ホステル)〜3,000円台のオシャレなホテルまで、さまざまな場所に滞在しました。

最安の360円くらいのドミは、6人部屋二段ベッドの上の段で、掛け布団はなく枕のみでした。が、南国なのでまったく寒くありませんでした。

一方、最高の3,400円のホテルはキングサイズのベッドに最上階から見る景色は最高で、シャワーも水圧いいし、トイレはウォシュレットだし、テレビはMTVなど有料番組が見放題、コーヒーメーカーも付いてて、至れり尽くせり。部屋やロビーなど、アートデザインが施されていました。これで、3,000円台は考えられないです。東京だとこの10倍以上かかるでしょう。

SIMカード

長期滞在以外は、日本で手に入れたアジア周遊SIMカードを使いました。なので、ちょっと高いですね。とはいえ、2週間で7G使えて2,800円は結構安いと思います。

長期滞在の時は、現地で購入しました(大手キャリア1ヶ月7G使えて1,500円)インドネシアでSIMカードを購入して使うには、空港かキャリア店舗に行って、個人情報の登録をしなければ使えません(初回のみ)。街中の安いSIMカードを買って挿しても使えません、最初は登録が必要です。

食費

飲食代は、屋台で食べる場合は一食100円くらいで激安です。世界展開しているチェーン店(マクドナルドなど)は日本より少し安いくらいの価格帯です。

クレジットカード

屋台は100%使えません。モール内にある店舗ではほとんどの所で使えます。ATMもありますし、そこで出金も出来ます。

[東南アジア]物価が安い国インドネシアを旅しよう!のまとめ

安く過ごそうとするなら、1日1,000円以下。逆に贅沢して過ごすなら、1日5,000円以上かかります。

私は、前半の1ヶ月は安く安く過ごそうと思っていましたが、やはりそれだけではストレスになります。なので、後半の1ヶ月はたまにオシャレなカフェやいいホテルに泊まったりしました。それでも、2ヶ月間滞在して15万円くらいです。

東京の日常的な暮らしより安いですよねw

いやー、びっくりです。

最後に…

私がいつも格安で旅をする時に検索するサイトがあります。それはskyticketです。

国内外のLCCも全て検索出来て登録も不要なので、お手軽です。

それでは、selamat Malam(おやすみ)

インドネシア
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!

コメント