[ナイトマーケット]台湾の夜市を厳選!まとめタイワン

台湾の夜といえば、夜市(イエスー)!

今回はトータルで50日間滞在して、厳選に厳選を重ねて行くべき夜市を7スポット紹介したいと思います!

スポンサーリンク

1. 台湾代表!士林夜市(シーリン)

[営業時間]平日16:00-0:00/土日15:00-1:00

[特徴]観光地化されている台北一の規模

[アクセス]MRT紅線(淡水線)劍潭駅から徒歩15分

台北、いや台湾の夜市といえば士林夜市と言われるほど、有名な夜市。

日本人観光客のほぼ100%が行くと言われている。その証拠に日本語が通じるのと、日本語がしょっちゅう聞こえてくる。なので、初めて夜市に行くのには良いと思います。

楽しみ方は、台湾のローカル食を食べるのも良し、面白Tシャツを探してみるのも良し、限定のスニーカーをゲットするのも良し。毎晩がお祭りの様な士林夜市をぜひ楽しんで欲しいです。

士林夜市(地図)No. 101號, Jihe Road, Shilin District, Taipei City, 台湾 111

2. 南部代表!花園夜市(ファーユェン)

[営業時間]木土日17:00-0:00

[特徴]広大な広場に週3で行われる南部最大の夜市

[アクセス]台鉄台南駅から11番のバスに乗車して花園夜市で下車。

北の士林、南の花園と言われるほど台湾で1.2位を争う人気の夜市。

花園夜市の特徴はなんといっても、この広い土地に所狭しと屋台が乱立している様子。登りもたくさん立っており、人々の熱さを感じる。

一般的な夜市は街中のストリートにあるのがほとんどで、この花園夜市がいかに特殊な夜市かがわかる。

古都台南へ行く際にはマストな夜市です。

花園夜市(地図)No. 533號, Section 3, Hai’an Road, North District, Tainan City, 台湾 704

3. オシャレタウン!一中街夜市(イーチュン)

[営業時間]毎日11:00-22:10

[特徴]オシャレな洋服や靴屋、安い食べ物屋が立ち並ぶ学生の街

[アクセス]台鉄台中駅からバスに乗車して、國立台中科技大學で下車

台中市にある学生街の一中商圏にある夜市。周りに國立台中科技大學や台中市立台中第一高校などがあり、学生たちで賑わう。学生が多いことから、安価な飲食店やオシャレなアパレル店が多く出店しています。

メインストリートである一中通りはひたすら真っ直ぐ続いていて、直線距離だととてつもなく大きい夜市だと思います。

一中街夜市(地図)Yizhong Street, North District, Taichung City, 台湾 404

4. 台湾のベネツィア!淡水英専夜市(ダンシュイ)

[営業時間]毎日18:00-22:30

[特徴]海沿いの夜市のため、海鮮系が充実

[アクセス]MRT紅線(淡水線)の終点淡水駅から徒歩3分

台北から気軽に行ける観光地の淡水にある夜市。淡水という名前から、魚介類の食べ物か多いのが1番の特徴です。特にイカなどのフライ(揚げ物)の屋台がかなり多いです。

台湾のベニス(ベネツィア)と呼ばれる淡水の夕陽を眺めた後に、夜市に行くという流れが良いと思います。

淡水英専夜市(地図)Yingzhuan Road, Tamsui District, New Taipei City, 台湾 251

5. 極狭の夜市!寧夏夜市(ニンシャー)

[営業時間]毎日17:00-0:00

[特徴]狭い通りに屋台が連ねる密度120%

[アクセス]MRT中山駅(台北駅の隣)から徒歩8分

台北駅から一駅隣の中山駅から徒歩8分という好アクセスな寧夏夜市。台北で観光するなら、1番行きやすい夜市だと思います。

そして、この寧夏夜市の大きな特徴は真ん中にある屋台通りの幅が極狭なこと。

とんでもなく狭いため、すぐに人でいっぱいになり、まるで満員電車に乗ってるみたい。

地元民が多く、観光客は少なめ。そのため、ローカルなB級グルメが目白押し。

牡蠣オムレツや愛玉ゼリーなどは、ローカルグルメで食べておくべきです。

※愛玉ゼリーとは…愛玉という植物を煮て作るゼリーのことで、台湾では昔懐かしの味として庶民に親しまれています。

寧夏路夜市(地図)Ningxia Road, Datong District, Taipei City, 台湾 103

6. 千と千尋の湯婆婆!九份老街(ジォウフェン)

[営業時間]毎日8:00-翌1:00(店舗による)

[特徴]丘の上にある夜市。ローカル飯も多く、湯婆婆の茶屋で一服できる。

[アクセス]MRT忠孝復興駅からバス(1062番)に乗車し、約90分で九份へ到着。

昼間でもなかなかの人の多さだが、夜になると湯婆婆湯屋のモデルとされる阿妹茶樓(アーメイチャーロウ)の周辺は日本人観光客でごった返す。

ローカルスイーツでおすすめなのが、阿柑姨芋円。甘くて冷たくてクールダウン出来て、美味しい。

九份老街(地図)Jishan Street, Ruifang District, New Taipei City, 台湾 224

7. 宜蘭市の東門!東門夜市(トンメン)

[営業時間]毎日17:00-0:00

[特徴]珍しいガード下の夜市

[アクセス]台鉄宜蘭駅から徒歩10分

東部の街、宜蘭市にある東門夜市。

この東門夜市は珍しい(初めて見た)ガード下の夜市なんです。

天井が低く、頭を下げながら屋台を見て回る。なかなか経験出来ない夜市ですね。

かなりローカルな夜市で、地元民しかいません。

遊び心のある屋台もあり、う●このドーナツや、デニッシュバーやポンデリングまで売っていました。

東門夜市(地図)Shenghou Street, Yilan City, Yilan County, 台湾 260

[ナイトマーケット]台湾の夜市を厳選!まとめタイワンのまとめ

台湾の夜といえば夜市!

しかしその夜市はそれぞれに特徴があり、目的別で選んで行くのも良いと思います。

その時にはこの記事を参考にしてもらえたら嬉しいです。

それでは、拜拜(バイバイ)!

台湾
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!

コメント