[旅の準備]ベトナムのこれだけは知っておきたいこと5選

Xin Chao(ベトナム語でこんにちは)!

ベトナムに初めての旅行へ行く時に、何も知らずに行くと損したり、必要な物を持っていかなかったりと失敗がつきもの。

そこで今回はベトナム旅の準備として、私が経験した知識をシェアしたいと思います。

スポンサーリンク

1. [カード必須]両替所がほとんどない

ベトナムでは空港には両替所があるのですが、街中で探すのはかなり困難です。

全額を空港で両替するか、またはATMでお金を引き出すかの2択です。

①空港で全額両替する場合

ハノイとホーチミンの空港はレートが良いですが、ダナンの空港はレートが悪いです。

※ベトナムドンは過去のハイパーインフレの影響で、例えば1万円を両替した場合は200万ベトナムドンが返ってきます

なので、全額両替するとかなりかさばります。

②ATMを利用する場合

クレジットカード(キャッシング)、又はデビットカードでお金を引き出します。

ちなみに、私がバスロータリーで使ったATMがひどくて、画面が途中で切れていました。

山勘で選んだのがなんと最小額の10万ベトナムドン…約500円(そして手数料が250円)。完全なる敗北でした。

③現金とカードの併用

私がおすすめするのが、空港である程度の日本円を両替します。そして、クレジットカードまたはデビットカードが使える店ではカードを使います。

そうすることで、手元に現金を残せる訳です。

2. [通貨はドン]紙幣のみで貨幣はない

ベトナムの通貨はベトナムドン。

1,000〜50万ベトナムドンまであります。1,000ベトナムドン以下の紙幣(貨幣も)もありますが、ほとんど流通していません。その理由として、1,000単位で物の売買が行われているからです。

なので、値段を見ると2k(2,000)や10k(10,000)と短縮して表示されています。(k=000)

※ベトナムドンから日本円への計算方法
下2桁(00)を取って、2で割る

そうすると、だいたいの日本円がわかるので、物を買うときの目安になると思います。

何せ、桁がかなり大きいので、何もかもがものすごく高く感じてしまいますからね。

3. [基本情報]時差、プラグ、ビザ、気温(ハノイ/ダナン/ホーチミン)

①時差

日本とベトナムの時差は2時間です。

②プラグ

日本と同じA型とC型の複合型が多い(両方挿せる)です。ただし、電圧が240Vのため100V用(日本では一般的)の電化製品は壊れてしまいますので、注意が必要です。

※iPhone(iPad,MacBookなど)は240V対応なので、そのまま挿しても問題ありません

③ビザ

15日以内はノービザで滞在できます。

④気温(ハノイ/ダナン/ホーチミン)

ベトナムは日本と同じで縦長の国です。

北部のハノイには冬(1-3月)があり、10℃を下回ることもあります。また、雨季(4-9月)は台風が来ますので注意が必要です。

中部のダナンは、1番寒くて秋(11-2月)くらいの気温で20℃以下。また、ハノイと同様、台風も来ますので特に9.10月は気をつけましょう。

南部のホーチミンには冬がありません。年中、常夏です。1年を問わず南国へ行きたい方は、ホーチミンを選ぶと良いでしょう。

4. [危険]信号機がない

ベトナムは都市部の大きな道路でも、横断歩道に信号がないことが当たり前です。

どうやって渡るのか…阿吽の呼吸です。

人も車もバイクも同じ扱いなので、合間を縫って、譲り合いながら渡れます。最初は渡るタイミングがなく、渡るのに一苦労ですが、慣れます。

※バスやトラックだけは避けて渡った方がいいです、止まらないので。

5. [日本との違い]クラクション

ベトナムでは頻繁に車のクラクションが鳴っており、かなりうるさいです。このクラクションの意味は、安全確認のためです。ここにいるよっていう、存在を示しているのです。決して、煽っていたり怒っている訳ではないので、安心してください。

[旅の準備]ベトナムのこれだけは知っておきたいこと5選のまとめ

両替は空港で使うであろう金額を全てベトナムドンにして、クレジットカード(またはデビットカード)と併用する。

ハノイに行く場合は冬があるので、服装に気をつける。

プラグは日本と同じで、ビザは15日以内なら要らない。

車のクラクションはうるさいけど、気にしない。そして、横断歩道には信号がないので、車やバイクの合間を縫って渡りましょう。

それでは、Hen Gap Lai(ベトナム語でまた会いましょう)

【海外】遭難は死を意味する。ベトナム、ホーチミンの郊外「ロンアン」の森で迷った話
山で遭難したら死ぬ。日本でも死ぬ。ましてやここはベトナム。しかも、たった一人だ。 ベトナムの山で恐ろしい目にあったので報告しておこう。 ホーチミンから西へ100kmのカンボジアとの国境付近に位置するロンアン省の山の中で迷子になった話だ。...
ベトナム
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽ!

コメント