こんな穴場、他にない!ベトナムのダナンが最強の穴場な観光地

ダナン観光は大ブレイク寸前!今なら人気の先取り間違いなしです!
本当は教えたくないけど、東南アジアで今はまだ穴場である「ダナン」のすごさをこっそり教えちゃいます。

スポンサーリンク

ベトナムのダナンとは?

ダナンは人口120万を超えるベトナム中部の中心都市です。日本で言うと、広島市やさいたま市などと同程度の人口規模です。
最近では、2019年2月に米朝のトップが会談したことでも話題になりました。
「ピンクの教会」「ドラゴンブリッジ」「マーブルマウンテン」「ゴールデンブリッジ」など、インスタ映えするスポットが多い街なのですが、知名度が低いため観光客が少なく穴場と言えるでしょう。
ランタン祭りで有名なホイアンや古都のフエなどの世界遺産を含む観光地へのアクセスが良いのも嬉しい。
そんな穴場スポットダナンに行ってきました。
ダナンのゴールデンブリッジ

ベトナムダナンの気候

ダナンは、ケッペンの気候区分では「熱帯モンスーン」(記号Am)で、3月から8月までが乾季、9月から2月までが雨季です。
ベトナムは南北に長く、「北部のハノイ・中部のダナン・南部のホーチミン」で雨季と乾季のシーズンが違うので気を付けてください。
「ホイアン」や「フエ」などの中部の気候はほぼ同じです。
ダナンは日差しが強く、6月~8月はとても暑い。日によっては40℃を超えます。平均最高気温は34℃。
乾季であまり暑くない3月~5月が観光のベストシーズンです。
と言うわけで観光シーズンの4月から5月にかけて行ってまいりました。
ダナンのビーチ

ハノイからダナンへ

ベトナムのLCCベトジェットエアに乗って、ハノイのノイバイ空港から国内線でダナン国際空港へ行きました✈
ハノイからダナンの航空券は4000円程度。所要時間は1時間半程度。
そして、ベトジェットエアの制服がかわいくて好き。スチュワーデスも美人ぞろい。
ベトジェットエアの制服が可愛い

ありえない安さのダナンのゲストハウス

ダナン国際空港国内線ターミナルから、Grab(グラブ)と言う配車サービスをスマホのアプリで呼んで、ゲストハウスへ行きました。
※2018年4月にUBERがベトナムから撤退したので、ベトナムで使える配車サービスはGrabだけです。

値段はGrabよりもバイクタクシー(ベトナムではセーオムと呼ぶ)の方が安いけど、空港内には入れない。
土地勘がある人は、空港の外に出てバイクタクシー(セーオム)に乗ると良いかも。

こちらがお世話になるゲストハウスです。
一泊なんとたったの350円!
ドミトリーだけど、鍵付きで安心です。
ダナンのゲストハウス、ドミトリー

このゲストハウスにはバルコニーがついてるなど、一泊350円とは思えない贅沢さ。
椅子には洗濯物が干してあるので座れないけどw
ゲストハウスのバルコニー

難点は、シャワーとトイレが一室になっていて、それを8人で共有する。
シャワーが扇子型になっていて、狭すぎる😂
しかもちゃんとドアが閉まらず隙間から外が水浸しに・・・

そして、このゲストハウスからは徒歩たったの3分でMyche Beach(ミーケビーチ)に穴場スポットに行けます。

ミーケビーチとは?穴場中の穴場の海岸だった

このMyche Beach(ミーケビーチ)は、なんと10kmに及ぶ超ロングビーチ!
白い砂浜に美しい海、飲食も商売っ気がなく観光地化されてない点が最高!
もちろん、しつこい勧誘などをするキャッチのおじさんもいません。

地元の結婚式用の撮影などで使われてたりで、のんびりとした雰囲気。
のんびりとしたミーケビーチ

ちなみに夜来ても、こんな感じで綺麗。

Myche Beach(ミーケビーチ)の地図

ミーケビーチで美味いと評判のマンゴーヨーグルトを買ってみました。
まじでクッソ美味い!!!!
しかも30,000ドン(150円)とコスパ最強!
ミーケビーチのマンゴーヨーグルト

ダナンのインスタ映えスポット、ピンクの教会へ(次ページ)

ベトナム
スポンサーリンク
なおぽんをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター

年収100万未満。それでも、一年のうち4分の1は海外旅行をしている自称「貧乏旅行の達人」
外国人の持つ日本人のイメージを180度ひっくり返す、お写んぽ界の「妖怪枕返し」

なおぽんをフォローする
お写んぽなう

コメント