恐山で幽霊に遭遇?あの世とこの世の境目だった!

「恐山(おそれざん)は遊び半分で言っちゃ駄目だよ」そう言って父が私たちに車を貸してくれた。
普段は寡黙な父が念を押すのはやはり心配なのだろう。

恐山への山道は、特に変わったことがなく、延々と単調な曲がり道が続いていた。

ユキ「カオリ、大丈夫?」
カオリ「うえー気持ち悪い・・・。」

東京育ちのカオリは車に乗った事があまりなく、慣れない山道が続いたせいか
顔色はおしろいを塗ったように血の気を失っていた。

「はい、ここが冷水」
私は車を止め、カオリとユキを下した。

恐山に行く途中に「長寿」「若返り」の水として知られる「冷水」が湧き出している場所がある。
石が組まれた上に3つの木のパイプがあり、そこから断続的に水が流れ落ちている。
その奥にはお地蔵様がたたずむ。

ユキ「ひゃー冷たい!」
カオリ「アヤも降りて来ればいいのに」

私「あ、私は来た事あるから大丈夫だよ」

私が降りなかったのは、父の言葉が気になったからだ。
暗くならないうちに恐山を降りようと考えていた。
この山道は暗くなると極端に視界が悪くなる。

カーナビで恐山までの道のりを確認した。
「冷水」から恐山まで約4キロメートル。車で約15分だ。

すると、車の窓から真っ白な肌の女の人が話しかけてきた。

女の人「学生さんですか?」

私「はい そうです」

女の人「若くていいですね 肌が綺麗で」

私「いえいえ、ありがとうございます~(照」

女の人「年は取りたくないものね・・・でも、年を取るのは死ぬよりもずっとラッキー」

私「へ?!」

女の人はそれだけ言うと、恐山の方に向かっていった。

ユキ「ん?アヤどうした?」
カオリ「誰?さっきの人」
私「ん。何でも無いよ」
ユキ「綺麗な人だったね」

車で15分。山道があけ宇曽利湖が見えてきた。

恐山の入口の駐車場に車を止め、三人は門をくぐった。

晴れてるハズなのにどこか薄暗く、ヒンヤリとした空気だった。

ユキ「ねえ さっきの人 幽霊だったらどうする?」

カオリ「ちょっとやめてよー こんな場所で」

参道を歩いて行くと、どこからともなくカサカサカサと乾いた音が聞こえてきた。

ユキ「何この音?」

足元を見るとカサカサ音をたてて風車が回転していた。

カオリ「うわあ 怖いなぁもう・・・」

更に進んで行くと本殿が見えて来た。

カオリ「この本殿 囲いの骨組みがむき出しなんだけど・・・」

本殿に向かって左側には、「地獄めぐり」の入口がある。
生きたまま死後の世界が体験できると言われている場所だ。

ユキ「こんなところに本当に入るの・・・?」

さっきまで一番元気だったユキの声が急にトーンダウンした

私「私は何度か親と来たことがあるから大丈夫だよ!」

風が強くなり足元の風車が勢いよくカラカラと回りだした。

私を先頭に3人は奥へと進んで行く。

ユキ「この道 人間が歩いて出来た道じゃないよね」

私「変な事言わないでよー 私まで怖くなるじゃん!」

奥に進んで行くと、湖の色が変色していた。

ユキ「何でここだけ水の色が違うの?」

私「知るわけないでしょう・・・」

青森県
スポンサーリンク
アヤをフォローする
記事を書いた人
お写んぽライター
アヤ

神の声を聞けるのは、「卑弥呼」と「あや」だけ。 バックドロップと竜巻旋風拳が得意なアラサー女子。食べ物がある場所には千里先でも駆け付けるお写んぽ界の「残飯マン」

アヤをフォローする
お写んぽ!