まるで別世界!香港から深センへ中国本土の観光・料理

中国の「深圳(シンセン)」に行って来ました!
香港から日帰り観光も出来る手軽さです。

この記事の目次
1 深セン旅行の準備と行き方(交通・アクセス)
2 深セン旅行・お散歩
3 深センの料理・食べ物

1 深セン旅行の準備と行き方(交通・アクセス)

香港の通貨は中国本土では使えません。香港ドルから人民元(中国元)に両替しましょう。両替した人民元はボロボロでした。
ボロボロな人民元

外貨両替するなら香港中心部の重慶大厦(チョンキンマンション)はオススメです。
重慶大厦(チョンキンマンション)には両替店が10店舗ほどあるので、一番よいレートの店で両替をしましょう。店によってレートの違いが激しい!
重慶大厦(チョンキンマンション)は両替店

人民元に両替したら、地下鉄に乗り込みます。重慶大厦(チョンキンマンション)のすぐ近くに、「尖沙咀(チムサーチョイ)駅」があります。
尖沙咀(チムサーチョイ)から地下鉄に乗り、香港と中国の国境である「羅湖(ローウー)駅」で降ります。
尖沙咀(チムサーチョイ)から羅湖(ローウー)までの地下鉄での所要時間は45分ほどです。
香港地下鉄マップ

羅湖(ローウー)は中国への国境の為にあるような駅で、周辺に遊びが出来るような場所は無さそうです。
羅湖駅

羅湖(ローウー)へは、香港国際空港からの直行バスなども出ており、タクシーで来た人など多くの人と合流し、歩いてイミグレ(入国審査)を抜け深センに渡ります。
人の数に比べて公衆トイレの数が圧倒的に少なく、30分くらい待ちました。
事前に香港の街の中などのトイレに行っておくべきですね。
羅湖トイレ
厳重にコンクリートで固められ、監視の目が光る中での重々しいイミグレの国境越えでした。

深センを観光・お散歩

中国側に出ました。
イミグレを抜けたら、そこはもう深センの中心部です。
写真は「深圳(シンセン)駅」です。長距離列車の起点となる駅です。
深セン駅の地下には地下鉄の羅湖口岸駅の改札があります。
深セン駅
さっそく周辺を散策しようとグーグルマップを見たら、予想通りグーグルマップは使えませんでした・・・。
人にカメラを向けると怒られる事もあるので注意しましょう。
(警察を撮影すると逮捕されると言う情報も・・・)

中国が指定したゲーム以外は、遊ぶことが出来ません。
ポケモンGOを立ち上げましたが、ポケストもポケモンも出現しませんでした。
※画面を国境を渡る前の香港側(左)と渡った後の中国深セン川(右)の比較です。
香港と中国でポケモン

ポケモンGOの詳細はこちら

香港とマカオで「サニーゴ」ゲット!中国でやってみると・・・@ポケモンGO
香港、マカオ、深セン(中国)の三都市でポケモンGOをやってきたのでレポ! サニーゴもゲットしました! 【この記事の目次】 1 香港のポケモンGO事情とサニーゴの出現頻度 2 マカオのポケモンGO事情とサニーゴの出現頻...

深センを散歩。街並みは、噂通りの近代都市でしたが、香港の街並みとは全く違います!
深センの街並み

香港ではとにかく看板が歩道や車道の真上に溢れるほど圧倒されるものでしたが、深センでは、頭上はすっきりしていて、看板や宣伝は全てビルの壁に書かれてる。
治安は良さそうに見えましたが、どことなく殺風景でした。
看板の無い深セン

↓香港の街並みと比べると明らかです。

香港観光ウォーキング日記。インスタ映えスポット多数!
マレーシアの首都クアラルンプール(KL)国際空港(KLIA)からAirAsia(エアアジア)で4時間の旅、香港へ。 今回もLCCの格安航空エアアジアで¥5,000円! 香港国際空港は寒い。 マレーシアと同じく南国の気分でやってきた私は...

深センでは香港と違い英語はほとんど通じませんが、筆談はかなり通じます。
中国語「洗手间」→日本語「トイレ」
中国語「警察」「公安」→日本語「警察」
中国語「多少钱」→日本語「いくらですか?」
中国語「有人気」→日本語「人気がある」
とこんな調子です。

こちらは古い建物を取り壊した大規模な更地。
深センの更地

華やかな大通りから狭い道に入ってみると、急に汚れた街が現れました。
中国の闇を見たような気になりました。
深センの闇

SARS(重症急性呼吸器症候群)の2002年11月から発生した中国での流行を、翌年まで隠ぺいし、世界中から非難を浴びた事がありました。

中国の新型ウイルス肺炎、SARSの教訓生かす

中国の新型ウイルス肺炎、SARSの教訓生かす
中国中央部で肺炎ウイルスの感染が拡大したことで、周辺地域や近隣諸国は警戒を強めている。危機の震源地である武漢ではSARSの教訓が生かされている。

この翌週には↓この記事ですからね。

新型肺炎広がる武漢、病院は患者殺到でマヒ状態

新型肺炎広がる武漢、病院は患者殺到でマヒ状態
新型コロナウイルス肺炎が猛威を振るっている中国・武漢市では、医療施設で備品や病床などが不足しており、患者の受け入れを断らざるを得ない深刻な状況に追い込まれている。

この時代からあまり変わってないのかも?

ただ、下の記事を翻訳すると、

中国科学院上海药物研究所和上海科技大学联合研究团队发现一批可能对新型肺炎有治疗作用的老药和中药
联合小组重点针对已上市药物以及自建的“高成药性化合物数据库”和“药用植物来源化合物成分数据库”进行了药物筛选,迅速发现了30种可能对2019-nCoV有治疗作用的药物、活性天然产物和中药。

上海マテリア・メディカ研究所、中国科学院、上海科学技術大学の共同研究チームは、新しい肺炎に治療効果があるかもしれない古くて伝統的な漢方薬のグループを発見しました。
(中略)
臨床試験に向けて研究継続中。

と言う事なので、これが本当だとすれば、新型コロナウイルスの収束も、それほど先の話ではないのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました