二岡神社が心霊スポットと知りながらホタルを撮影しに行った結果・・・

御殿場のヒメボタルの生息地に行ってまいりました。
場所は二岡神社。心霊スポットとしても有名な神社。

この記事の目次
1 富士山麓の街、御殿場を観光
2 二岡神社でヒメボタル撮影のロケハン
3 心霊スポット二岡神社・・・

スポンサーリンク

富士山麓の街、御殿場を観光

御殿場駅です。
ヒメボタルで有名な二岡神社の最寄り駅でもあります。
アジサイとヒメボタルの撮影の為にやってまいりました。
しかし、二岡神社について調べてみると、心霊スポットで有名な事が分かってしまいました。
御殿場駅

昼間はアジサイの撮影に出かけます。
御殿場駅西口の駅前に「御殿場観光協会」がありまして、そこで電動自転車を借りました。
御殿場マイロード商店街

駅から近くに浅間神社(せんげんじんじゃ)がありました。
^p^)<特に珍しくもない普通の神社ですが、富士山の湧き水で人気です!
御殿場浅間神社の鳥居

浅間神社の湧き水をペットボトルに詰めて、街を巡ります。
この湧き水は地元の人も汲みに訪れる水で、神社をお写んぽしてる間にもペットボトルに水を詰めてる人を二人くらい見かけました。
御殿場浅間神社の富士山の湧き水

街のあちこちから富士山が見えてテンションが上がってきました。
御殿場から見る富士山

紫陽花と富士山の競演を撮りたかったのですが、快晴なのに富士山の周りだけ雲がかかってる・・・
^p^)<粘ったけど雲がなかなかどいてくれなかった。
富士山と紫陽花

二岡神社でヒメボタル撮影のロケハン

さて、問題の二岡神社(にのおかじんじゃ)

出かける前に友達に二岡神社に行く事を伝えると、

^p^)「二岡神社にホタルを撮りに行ってくる」
(●´ω`●)「二岡神社は心霊スポットだから気を付けて」
;^p^)「冗談でもやめてくれよ・・・・」

まさか友達が心霊スポットである事を知ってるとは思いませんでした。
二岡神社の周りはラブホテル街。
ホテル街を抜けると周りは昼間でも暗い。
ちょっとした樹海です。

昼間なのに参道からして不気味・・・。他は舗装されてるのに、なぜ二岡神社の参道だけ舗装されてないのか?
二岡神社への道

二岡神社の鳥居。ただならぬパワースポットですね。
雰囲気からして異様です。
ちなみに、この鳥居付近では、織田無道が除霊をしましたorz
二岡神社の鳥居

本殿へ続く階段に灯篭が並んでいます。
コスプレでも有名なスポットですが、コスプレイヤーは一人もいませんでした。
それどころか、社務所も無く人の気配が全くしません。
御朱印はなさそうでした。
二岡神社の鳥居と灯篭

この位置からホタルを撮ったら雰囲気でそうですね。
二岡神社の参道

灯篭からは草や苔が生えていて、年期を感じます。
一瞬、廃墟かと思いましたが、参道の草などは刈られているので、誰かが手入れをしてるハズです。
不気味な灯篭

手水舎が見えて来ました。
「あなたの隣に誰かいる」と言うフジテレビのホラードラマのロケ地でもあります。
昼間でも怖い・・・
二岡神社の手水舎

奥の本殿は。北野武の映画「座頭市」のラストのタップダンスのシーンで使われました。
二岡神社は映画のロケ地としても有名で、他にも、黒澤明の「七人の侍」などで使われたそうです。
そんな有名な神社なのに、なぜ人がいないのか・・・。
やっぱり心霊スポットなのか・・・
なぜか昼なのに暗い二岡神社の本殿

床の板が外れてました。
手がニョキって出たリしないよね。
床の板が外れてる

ホタルのロケハン終了。

そして、近くの漫画喫茶で夜を待ちます。

・・・・。
・・・・。

そして、夜になりました。
御殿場の月

ラブホテル街を抜けると、辺りは真っ暗。
まさに闇です。
スマホを懐中電灯代わりにして前に進んでいきます。

暗闇からザッザッザッと砂利を蹴る足音。
こんな闇の中を歩いている人が自分の他にもいる。
ヒメボタルを撮影にしに来た人なのか?
それとも・・・