【実録】ゾッとする羽生蛇村の怪!SIRENのモデル秩父の廃村「岳集落」に行ってきた

ホラーゲームのSIREN(サイレン)の「羽生蛇村(はにゅうだむら)」のモデルとなった場所、秩父の「岳集落」に行ってきました。
「お地蔵さんが行方不明になり、そのせいで火事になった」などと書かれた札があったり、謎の湯気が発生したりで、村全域が異界な感じでリアルに怖かったです^p^;

廃村はさすがに一人で行く気になれず、ゲーム「SIREN」をやった事があると言う友達を連れて行くことにしました。
(^p^)「流石に一人じゃ怖いんで、一緒に行ってくれよ」
( ఠvఠ)「前から行きたいと思ってたから、ちょうどよかったwww」

【行き方】
秩父市街地から一日3本のバスが出ています。
秩父駅からでも西武秩父駅からでも乗車可能です。
市営バス「ぬくもり号」(浦山線)
日向(ひなた)下車(秩父駅から約25分・西武秩父駅から約20分)
料金・・・300円
日向バス停から岳集落まで徒歩20分程度

平日の時刻表
http://www.city.chichibu.lg.jp/2063.html
土日休日の時刻表
http://www.city.chichibu.lg.jp/2064.html

【準備して置くべきもの】
食糧と飲み物(店も自動販売機もない)
懐中電灯(昼間でも足元が暗いので)
スマホなど(電波は入ります)

バスは最初から最後まで我々しか乗客がいませんでした。
その時点で怖かったのですが・・・
「日向集落」や「岳集落」などの入口、「日向(ひなた)」で降ります。
img_5396

日向集落は文字通り日当たりのよい集落でした。
img_5407

(^p^)「ちょっと暑いね」
( ఠvఠ)「ペットボトルもう一本買っとけばよかった」
日向集落にも岳集落にも、店や自動販売機などは無いので、飲み物等はあらかじめ買っておいてください。

この辺りは実際に人が住んでる家と廃墟が入り混じってる感じでした。
あまり怖さは感じません。
img_5401

日向集落を抜けるとしばらく山道が続きます。
「岳集落」は「嶽集落」とも書くそうですが、読み方が分からないので誰か教えてください。
「がくしゅうらく」?
img_5404

10分ほど歩くと「練馬区立秩父青年キャンプ場」の入口が見えてきました。
img_5409

そこを真っ直ぐ行けば岳集落なのですが、ちょっと「見晴台」に寄ってみました。
img_5410

見晴台と言っても雑草が伸びきっていて見えにくいのですが、橋やダムが見えました^^
img_5413

さて、さっきの道に戻り真っ直ぐ進むと・・・ここから急に暗くなる。。。
まだ、昼間の14:30ですよ。
img_5415

突如、お地蔵様が現われました。
暗い山道の中に異質な感じ。
img_5419

(;^Q^)「うわっっ!」
( ఠvఠ)「びっくりさせないでくれよ」
(^p^)「こんなの読んだらビビるわ」

お地蔵様の横にある看板を読んでびっくりしました。
img_5418

「ここに昔からいたお地蔵様が行方不明になりました。(中略)この大きな1つのお地蔵様には昔から言われがあって、手を付けると、やけどをすると言われていました。(中略)今まで嶽集落は何もありませんでしたが、そのさわりで25年8月に嶽集落が大火事になったかもしれません。」

そして、そのお地蔵様の周辺の景色です。
img_5414

すごい・・・
img_5416

(^p^)「火事があったのはこの建物の向こうかなぁ。」
お地蔵様の後ろの建物の奥にポッカリと木や建物が存在しない空間。
img_5421

お地蔵様の看板と周りの雰囲気に怖じ気づき、パタッと足を止めました。
(^p^)「ちょっと、これ以上先に行くのは止めようよ・・・」
( ఠvఠ)「せっかくここまで来てそれはないよ。せめて神社くらい見ないと」
img_5420

更に足を進めます・・・
img_5423

お地蔵様から3分くらいの所に「十二支神社」と言う神社があります。
読み方は「じゅうにしじんじゃ」でいいのかな?
鳥居の前でお辞儀をして中に入りました。
img_5424

神社の境内には謎の焼け跡が・・・
img_5429

更に神社の奥に行くと・・・